社会人経験3年以上の皆様へ
―キャリアチェンジ―

このページでは、20代がキャリアチェンジを追求する上でのポイントをご紹介します。

キャリアチェンジ

20代中盤から20代後半は、今後の人生設計を考える上で非常に大切な期間であると同時に、キャリアチェンジに挑戦するには、チャンスとも言える期間です。このページでは、20代がキャリアチェンジを追求する上でのポイントをご紹介します。

キャリアチェンジ イメージ

キャリアアップについてはこちら

20代のキャリアチェンジはチャンス

このページをご覧いただいている20代の方々の中には、学校を卒業し、初めて社会を経験して以来、ずっと1つの会社で1つの業務に真摯に取り組んでこられた人も多いのではないでしょうか?時に、「仕事がつまらない」と思ったこともあれば、「職場の人間関係に疲れた」と落ち込んだりしたこともあったと思います。また、目の前の業務に精一杯で、気付けば年齢も20代後半、なんて方もいることでしょう。

20代は、がむしゃらに仕事に打ち込むと同時に、大きく将来に悩む時期でもあります。私たちマイナビジョブ20’sは、キャリアチェンジを考え始めた20代の転職希望者の様々な声を聞く中で、以下のような将来への不安・疑問をよく耳にしています。

  • 今の仕事は、果たして自分に合っているのだろうか?
  • 他にもっと自分に適した仕事があるのではないだろうか?
  • 今の仕事以外にも、もっと活躍できる場所があるのではないだろうか?
  • 今の会社よりも、もっと評価してくれる会社に転職したい。
  • この仕事だけでなく、まったく異業種の仕事を経験してみたい。

昨今の転職事情を見渡した時、転職時期が20代、30代と上がるに連れ、企業の採用担当者がチェックするポイントは、「人物的な素養」から、これまでの「実績」及び「専門性」などにシフトチェンジしていくケースがほとんどです。そのため、不可能ではありませんが年齢を重ねてからキャリアチェンジを行うこと自体、ハードルが高くなってしまうという現実があります。逆に、第二新卒や20代の若年層のキャリアチェンジは、他の年代よりもハードルが低い傾向にあります。実際に、現在マイナビジョブ20'sが取引させていただいている企業の中にも、20代の内にキャリアチェンジすることに対して、理解を示す例が多々あります。企業は、20代の皆さまに対して、プロフェッショナルとしてのキャリア形成以上に「社会人として基礎力が身についているかどうか」を求めています。つまり、20代の内にキャリアチェンジをすることは、他の年代よりも大いにチャンスなのです。

ただ、20代であれば、誰にでもキャリアチェンジできるということではありません。キャリアチェンジには、着実な転職活動と共に強い意志も必要です。同職種へのキャリアアップ以上に、「自らを知る」ことが重要になってくるでしょう。実際に働いてみないと分からないことかもしれませんが、新たにチャレンジしたい業務に果たして自分はマッチしているのか?本当にその業種にチャレンジしたいのか?そもそもなぜチャレンジしたくなったのか…?など、自らの考えを深掘りする必要性があります。自らのことを知るというのは、非常に難しいことだと思います。しかし、主観的な考えだけでなく、客観的に自分がどのように見られているのかを把握することで、仕事に関してもマッチした職種に出会えることでしょう。

人によっては、この先何十年も行っていく仕事です。「20代のキャリアチェンジはチャンス」。今一度、自分のスキルや自分の価値を振り返ってみてはいかがでしょうか。

キャリアチェンジをする上で重要な3つのポイントとは?

私たちキャリアアドバイザーが、日々皆さまのキャリアチェンジをサポートする中で得たポイントをお伝えします。

  1. 転職先企業で役立つ自分のスキルは「何か」を認識する
  2. あなたのスキルが「どのように」役立つのかを伝えられるように準備する
  3. 第三者から客観的に意見をもらい、
    自己分析をさらに掘り下げる

転職先企業で役立つ自分のスキルは「何か」を認識する

自らのスキルの中で、希望する企業に対して役に立つと思われるものは"何か"を明確にしましょう。キャリアチェンジをした際、どのようなスキルがその企業に必要であるかは、類似した求人情報を調べればわかりますし、私たちのような専門のキャリアアドバイザーに聞いていただければお伝えできます。多くの転職希望者は、どの会社でどの程度の地位だったかを見せる傾向にありますが、実は採用側にとってそのポイントは、さほど重要でないことが多々あります。それよりも、履歴書、職務経歴書、面接であなたがどのようなスキルを身につけているかを正確にわかりやすく伝えることが重要です。リーダーシップなのか、もしくは専門的なスキルなのか、その点を明確に伝えられるように準備しておくと良いでしょう。

あなたのスキルが「どのように」役立つのかを伝えられるように準備する

次に、前職で培ったスキルが「どのように」役に立つのかを考えましょう。キャリアチェンジをする上で、あれもこれもできますと言ったほうが良いように聞こえますが、前職では役に立っていたスキルが、新しい仕事のどこに活かせるのかが明確にならなければアピールしても全く伝わりません。むしろ、不明瞭なアピールをすることは、あなたの企業に対するメッセージを曖昧にしてしまうでしょう。

可能であれば、転職する前に次の職場で必要なスキルのいくつかは身につけたほうが良いでしょう。前の職場に教育プログラムなどが提供されているならば、十分に活用して必要なスキルを身につけておくことも方法の一つです。また、転職先の業界の状況や、どのような職種があるのかなどを事前に調べることも大切です。実際に使用されている専門用語などを学び、あなたが面接の際、その業界の最新情報について詳しく話すことができれば、企業の採用担当者に強い印象を残すことができるでしょう。

第三者から客観的に意見をもらい、
自己分析をさらに掘り下げる

転職事情に精通している私たちのようなプロのキャリアアドバイザーや、希望の業界で実際に働かれている知人から意見をもらうことは、あなたのキャリアチェンジにとって一番役に立つことです。業界内の視点で仕事内容に必要不可欠なスキルを助言してくれるなど、リアルな情報を得ることができれば、大いに転職活動が前進するでしょう。

キャリアアドバイザーからのアドバイス

アドバイザー S.Ota社会人として3年以上経験されている20代の方々は、転職市場の中において、企業側からのニーズが非常に高い年代です。ビジネスパーソンとして社会の酸いも甘いもある程度経験し、社内外問わず円滑なコミュニケーションを取りながら、仕事を遂行することを期待されています。さらに将来的には、リーダーとしてメンバーを牽引し、会社の中枢を担う人材として成長できそうかというポイントにも期待を寄せるでしょう。

ただ、求人という観点から見るとどの会社も常に募集を行っているわけではなく、自分がキャリアチェンジで挑戦してみたいと思う会社が、タイミングよく募集をしているとも限りません。20代は、市場における価値は高い一方で、タイミングを間違ってしまうと非常に苦戦する可能性もあります。適切なタイミングに適切な動き方を見極めることが重要です。

キャリアチェンジの相談なら! マイナビジョブ20's
ページの先頭へ