転職Q&A

経理の仕事とは?

会社全体のお金の流れを管理する仕事です。

■経理とは?

経理とは、会社全体のお金の流れを管理する仕事です。業務範囲は企業によって異なりますが、会社のお金に関連する業務であることは共通します。

業務例としては、以下のような内容が挙げられます。ちなみに経理は業務の性質上、繁閑が明確であり、月末月初や決算期などが忙しくなる傾向にあります。

  • 新規取引先の登録・信用調査
  • 給与計算
  • 請求書の発行
  • 入金の確認
  • 取引先への支払い
  • 小口現金の管理
  • 立替経費の精算
  • 財務諸表の作成
  • 月次決算書の作成 など

取引等の企業活動を行う中で、お金の入出金は様々な場面で発生します。それらの情報を集めて整理をしておかなければ、企業がどれだけ儲かっているのか、資産の状況はどうなっているのか、といった点を把握できなくなってしまいます。経営者は、経営判断を下す材料として経理において作成された資料を用います。

なお、企業規模によって経理が行う業務の範囲は異なります。中小企業であれば、一人の経理担当で経理業務に関わる全てを行うこともあるでしょう。また、場合によっては経理業務のみならず、総務業務も兼任することもあります。逆に大企業だと経理業務も膨大となるため、一人一人が特定範囲のみの経理業務を行うということがあります。

直接的には利益を生み出さない経理業務ですが、企業規模に関わらず必須の業務であり、企業活動におけるお金という大事な部分を扱う業務です。

■経理に求められるスキル

基本的にパソコンを利用した仕事となるため、経理では基本的なパソコンスキルが必須です。また、期日厳守で業務処理を行う必要も多々生じるため、責任感を持って仕事に臨む必要があります。

実務未経験での応募もありますが、企業によっては簿記取得を条件にしていることもあります。そのため、経理としてのキャリアを積んでいきたいと考えているのであれば、資格取得を目指すことを検討してもいいでしょう。経理と密接に関連している資格だけあり、資格を持っていることは間違いなくプラスに働きます。

■経理・財務・会計の違いとは

会計とは、「お金の入出金管理。その管理方法・体系。」を意味します。お金の管理に関して包括的に"会計"と表現するのに対して、経理は「お金の管理を行う上での事務処理」を意味します。つまり、経理は会計の一部分を指しているのです。

一方で財務は、資金調達や資金運用計画の策定など、企業の資金繰りを担当します。

つまり、会計(経理)が過去に使用したお金を扱っているのに対して、財務は未来に使用するお金を扱っているという点で区別されます。

経理の仕事を検索する