転職Q&A

広告代理店とは?

広告を扱う企業の総称です。

広告代理店とは?

広告代理店とは広告を扱う企業の総称です。

テレビ(CM)・インターネット・雑誌・交通広告等、広告掲載枠を持つメディア運営者の広告枠を、広告を掲載したい広告主に販売し、手数料を得ることが基本的な収益構造です。また、広告枠の販売以外にも、掲載する広告のクリエイティブ制作やプロモーションイベントの運営、マーケティングリサーチなど多様なサービスで収益を得ています。

なお、日本においては広告代理店を大きく以下3つのタイプに分けることができます。

■総合広告代理店

総合広告代理店はあらゆる種類の広告を総合的に取り扱っており、クライアントのマーケティング活動全般を担うことができるのが特徴です。

テレビCM、インターネット広告、交通広告等、特定メディアに限らず広告を扱うことができるため、複数メディアにまたがったプロモーションを展開できるのが強みです。

多くの総合代理店は傘下にクリエイティブ制作を行う制作会社や、特定の分野に特化した専門広告代理店を子会社として持っています。総合代理店が広告戦略の企画を行い、実際の制作はこのような関連会社に任せる例が多いです。

■専門広告代理店

専門広告代理店は、特定分野の広告に特化した広告代理店を指します。例として、インターネット広告や屋外広告専門など特定のメディアに特化した広告代理店や不動産業界や人材業界などのクライアントに特化した広告代理店が挙げられます。

総合広告代理店と異なり、提案できる広告の種類は限られますが、専門とする分野におけるノウハウを蓄積しているため、その分野において効果的な広告掲載をできるという強みがあります。扱う広告種類が少ない場合や、特に強化していきたい広告がある場合等に活用されるケースが多いです。

近年、他の広告と比較して圧倒的に費用対効果が計測しやすいインターネット広告が急速に普及してきているのに伴い、インターネット専門広告代理店の台頭が目立ちます。消費者の生活スタイルが変わり、利用するメディアが変わることに応じて、広告代理店も力を入れる広告分野を変えていくことになるのです。

■ハウスエージェンシー

ハウスエージェンシーは、特定広告主(企業)の広告を専門に取り扱う広告代理店を指します。大手企業の宣伝部が独立して子会社となるケースが多くあります。ただし、ハウスエージェンシーとして事業を開始しながらも、特定企業以外の他社とも取引を行っていくケースも、近年では見受けられます。