転職Q&A

広告代理店とは?

広告を扱う企業の総称です。

広告代理店とは広告を扱う企業の総称です。

テレビやネット、雑誌、交通広告などの広告を掲載するメディアを持つメディア運営者の広告枠を、広告を掲載したい広告主に販売し手数料を得ることが基本的な収益構造です。広告枠の販売以外には、広告として掲載するクリエイティブの制作やプロモーションイベントの運営、マーケティングリサーチなど多様なサービスで収益を得ています。

日本においてはいくつかのタイプに広告代理店を分けることができます。

■総合広告代理店

電通や博報堂に代表されるクライアントのマーケティング活動全般を担うことができる広告代理店です。テレビCMやインターネット広告など全般を企画から制作まで総合的に手がけることができます。多くが傘下にクリエイティブ制作を行う制作会社や、特定の分野に特化した専門広告代理店を子会社として持っています。

■専門広告代理店

インターネット広告や屋外広告専門など特定のメディアに特化した広告代理店や不動産業界や人材業界などのクライアントに特化した広告代理店です。

■ハウスエージェンシー

特定の広告主に対し広告代理業務を提供する広告代理店です。大手企業の宣伝部などが独立して子会社となるケースが多くあります。近年では特定の広告主以外との取引を行っている企業も見受けられます。