転職Q&A

育児休業とは?

子供が1歳になるまで休業を取得できる制度です。

育児休業とは、子供が1歳になるまで育児のために休業することができる制度です。男女関係なく、申し出を行うことにより育児休業の取得が可能ですが、取得の回数は原則として子供一人につき1回となります。

また、育児休業の取得は正社員に限らず、契約期間が定められているような契約社員等も以下の条件を満たすことにより取得が可能です。

  • 同一事業主に引き続き雇用されている期間が1年以上である
  • 子供が1歳になった後も引き続き雇用される見込みがあること

ただし、1日単位の労働契約期間で雇用されている者(日々雇用される者)については、育児休業の適用を除外されます。

子供が1歳になるまで取得が可能な育児休業ですが、両親ともに育児休業取得する場合は、条件を満たすと子供が1歳2ヶ月になるまで延長されます。さらに、保育所への入所を希望しているにも関わらず入所ができなかった場合などには、子供が1歳6ヶ月になるまで育児休業を取得することができるようになります。