転職Q&A

社宅とは?

企業が社員のために用意する住宅を指します。

社宅とは、一般的に企業が社員のために用意する住宅のことを指します。福利厚生の一貫として、比較的安い賃料で社員に貸すことが多いです。なお、ファミリー向けの住宅を「社宅」とし、単身者向けの住宅を「寮」として、両者を区別して呼ぶこともあります。

社宅は比較的安く住めることが多いため、社員にとっては実質的に給与が増えることにもなり、社宅に住むメリットは大きいと言えるでしょう。また、企業によっては食事を提供する場合もあり、食事代の節約にもつながります。

ただし、単身者向けの社宅においては門限が設けられていたり、部屋が一人部屋でないこともあります。また、そもそも社宅を利用するために条件が設けられていることも少なくありません。

社宅を持つ企業に入社する際には、社宅へ入居するための条件や賃料、さらには入居時のルールなどを確認し、入居するか否かを検討しましょう。