転職Q&A

契約社員とは?

有期雇用契約を結んでいる社員を指します。

契約社員とは、一般的に有期雇用契約を結んでいる社員を指します。なお、有期雇用契約とは雇用期間が定まっている契約を意味します。

雇用期間については働く前にあらかじめ決めることになりますが、その期間については契約内容によってそれぞれです。ただし、労働基準法で原則として上限を3年までとしています。また、専門的な知識等を有する労働者、満60歳以上の労働契約については上限が5年とされています。なお、有期雇用契約を更新することは可能です。

正社員は契約期間が定められていないため、特別な事情がない限りは定年まで働くことができます。しかし、契約社員においては雇用期間が終了すれば、契約更新されない限りはその職場において働き続けることはできなくなります。

この点、2013年の労働契約法改正により、同一の雇用主との契約が通算5年を超えたときは、労働者の希望により無期労働契約に切り替えることができるようになりました。有期雇用契約の上限は原則3年なので、このケースに該当するのは有期雇用契約の更新が複数回繰り返されている場合になります。