転職Q&A

確定拠出年金とは?

拠出額があらかじめ決められた年金制度です。

確定拠出年金とは、簡単に説明すると自身の老後資金を自身で管理する企業年金制度です。国によって運営されている年金制度は給付の引き下げに向かっていることもあり、老舗資金の保障として不安を感じている方も少なくはないでしょう。そのため、老後の支えとして企業年金を検討する方もいるのではないでしょうか。

企業年金には大きく分けて二種類あります。

  • 確定給付年金
  • 確定拠出年金

後者の確定拠出年金制度は2001年10月にスタートした比較的新しい制度ですが、加入者は増加傾向にあり、注目度は高いです。

■確定給付年金と確定拠出年金の違い

確定給付年金は、退職後に給付される年金額があらかじめ決まっている制度です。将来給付する額を基に、必要な掛金が計算されます。年金資産の運用は企業が行い、もし運用が上手くいかなった場合は、企業が損失を補填しなければいけません。加入者にとっては、給付金額が保証されているというメリットがある一方で、企業側にとっては給付金額を保証しなければいけないというリスクがあります。

他方、確定拠出年金ではあらかじめ掛金を決めますが、給付額は決まっていません。なぜなら確定拠出年金では、年金資産を個人毎の専用口座に積み立て、運用も個人毎で行うことになるからです。個人毎の運用は自己責任で行われることになり、その運用結果について企業は責任を負いません。つまり、運用の結果が悪くて給付額が少なかったとしても企業からの補填はありません。逆に言えば、運用次第では大きな成果が出ることもあります。

■確定拠出年金のメリット

給付金額が保証されないという点でリスクのある確定拠出年金ですが、メリットは多くあります。運用次第で大きな成果を出せることは上述したとおりですが、その他にも以下のようなメリットがあります。

  • 拠出・運用・給付の各段階で税制優遇がある
  • 転職しても年金資産を持ち出しできる(ポータビリティ)
  • 年金残高を常に把握できる

また、確定拠出年金は企業側にとっても給付額を保証する必要がないという大きなメリットがあるのです。

■個人型確定拠出年金

確定拠出年金の中にも実は種類があり、上記については「企業型確定拠出年金」の説明となります。

企業型確定拠出年金は、所属している企業がそもそも確定拠出年金制度を導入していなければ、社員は加入することができません。もちろん、企業に属していない自営業者等も加入できません。

そうなると、自営業者や企業年金のない会社員は確定拠出年金に加入することができなくなってしまいます。そのような方々については、「個人型確定拠出年金」へ加入することにより、確定拠出年金制度を活用することができるのです。