転職Q&A

設備管理の仕事とは?

施設の設備を維持管理する仕事です。

設備管理の仕事は、ビル・学校・病院等の施設において使用されている設備の維持管理をする業務です。施設によって維持管理する設備は様々であるため、設備管理の仕事は大変細かく分けられます。維持管理する設備の例は以下となります。

  • 電力設備(ex.電力計・電圧計・電流計の監視)
  • 空調設備(ex.冷暖房機の管理)
  • 給排水設備(ex.貯水槽・ポンプの管理点検)
  • 機械設備(ex.エレベーター・自動ドアの管理点検)
  • 防災
  • 巡回 など


設備管理の仕事においては、管理する設備に関する知識・技術が必要です。また、仕事内容によって資格取得が必須な場合もあります。仕事内容によって必要な資格は異なるので、自身が目指す仕事に応じて以下のような資格取得を検討してもいいでしょう。

  • ビル設備管理技能士
  • 電気主任技術者
  • 冷凍機械責任者
  • 乙種消防設備士
  • ボイラー技士 など


多くの方が毎日利用するような施設においては、各設備を定期的に点検・検査・補修しなければ事故・故障につながってしまい、施設利用者の安全を担保できません。そのため、24時間の監視体制で対応を行っている施設もあります。

設備管理の仕事を検索する