転職Q&A

積算の仕事とは?

建設工事に要する工事費を算出する仕事です。

■積算とは

積算とは、主に建設業界で活躍する職種で、建設工事に要する工事費を算出する仕事です。

■積算の仕事内容

積算業務は大まかに以下のような流れで進みます。

  • 図面・仕様書を基に、工事に必要な人材・材料の数量等を算出
  • 必要な人材・材料等に対応する価格を設定し、工事費を算出
  • 内訳明細書・数量調書・見積書等の作成

設計図面・仕様書から、必要となる建築材料等の"数量"と各建築材料等の"単価"を乗じて、各建築材料等の合計値を算出し、最終的に建設工事において必要な価格を求めるのが積算の仕事です。

なお、積算を行うにあたり、設計図面・仕様書はもちろん、工事の種類・工事の規模・施工場所・施工環境・他工事との調整・工事期間等、様々な事情を考慮した上で行うことになります。

積算におけるミスは、建設工事中の予算オーバーなどにつながる可能性があり、建設工事の中で重要な役割を担っていると言えます。

積算を正確かつ迅速に行うには多大な労力・集中力が必要となります。そのため、より効率的に積算業務を行うために、積算用のソフトを利用して業務を行うことも多いです。

■なぜ積算が必要か

商業施設・官公庁施設・ホテル・マンション・ダムの建設など、あらゆる建設工事において積算の仕事は発生します。建設工事を行うにも工事費用が分からなければ、建設工事を実行できるか否かも判断することができません。

そのため、事前に建築コストを予測するために積算が行われるのです。

また、積算は建設工事を構成する各部分のコストを積み上げて価格を算出するため、建設工事における透明性・客観性・妥当性を担保することに繋がります。建築材料等の数量・単価といった、建設工事費用の根拠を知ることができるのです。

■積算に必要なスキル

積算の仕事を行うにあたり、求められるスキルは企業によって様々です。専門性が求められるため、積算業務の経験があったり、建築関係の学科を卒業していると歓迎されることも多いでしょう。もちろん、未経験からの応募を受け付けている求人もあります。

また、積算に関連する資格として"建築積算士"という資格が存在します。業務を行う上で必須の資格ではありませんが、資格を持っていることでアピールすることができるので、積算の仕事に就きたいと考えている方は取得を考えてみてもいいでしょう。

設計図面を基に仕事が行われるため、図面の読み方も覚えていく必要があるでしょう。設計図面から判断して多めに材料を見積もることにより、材料が在庫として大量に残ってしまうこともあります。

積算の仕事を検索する