転職Q&A

在宅勤務とは?

自宅等で働く勤務形態を指します。

在宅勤務とは、自宅等オフィスではない場所で働く勤務形態を指します。テレワークとも呼びます。

場所に捉われないこのような働き方を導入している企業が現れている背景には、チャットやテレビ会議等、遠隔でも連絡が容易に取りやすくなったことが挙げられます。

在宅勤務には以下のようなメリットが挙げられます。

  • 子育て・介護をしながら働ける
  • 病気・怪我の治療をしながら働ける
  • 災害・感染症の流行が発生した際にも、自宅で働くことができる
  • 通勤ストレスがなくなる など

在宅勤務を導入することにより、オフィスに通勤できない事情を抱えている社員でも勤務が可能となる点で働き方の多様性が広がり、社員が自由に使える時間が増えることによる満足度の向上も期待できます。

在宅勤務の導入については、状況に応じて全面的に導入する場合や、部分的に導入する場合など、企業によってそれぞれです。部分的に導入する場合は、週に1・2回は在宅勤務を行い、その他の日についてはオフィスに勤務するような方法が考えられます。

在宅勤務のデメリットとしては、直接の監督下から離れて社員の業務を行わせるため、社員が実際に働いているかどうか確認しづらいという点が挙げられます。