転職Q&A

人事の仕事とは?

企業の人材に関わる業務を総合的に行う仕事です。

■人事とは?

人事とは、企業の人材に関わる業務を総合的に行う仕事です。採用活動を頻繁に行わない規模の企業においては、専門の人事部を設けずに、総務などが兼任していることもあります。

企業を構成する3要素である「ヒト・モノ・カネ」の"ヒト"に深く関わる人事の仕事は、企業の成長を左右する重要な仕事であり、責任は重大です。

■人事の仕事内容は?

一般的に人事の仕事としてイメージしやすいのは採用業務における面接でしょう。しかし、採用業務一つ取っても、業務内容は以下のように細分化されます。

  • 採用基準・選考基準の策定
  • サービス利用の検討(人材紹介会社・求人媒体など)
  • 会社説明会の企画・運営
  • 書類選考・面接選考
  • 内定者に対する労働条件の提示
  • 入社手続き など

なお、自社に興味のある求職者を探すために、求人媒体・人材紹介・ハローワーク・イベント出展など様々な方法を検討することになります。

また、採用業務に限らず以下のような業務内容も行います。

  • 研修の企画・運営
  • 人事制度の策定
  • 社員評価
  • 給与・賞与の管理
  • 人員配置の計画
  • 勤怠管理 など

企業の業績は社員の能力・モチベーション等によって大きく左右されます。つまり、企業が求めている人材を採用し、社員のモチベーションを維持・向上できるような評価制度を設け、社員が働きやすい環境を作るという人事の仕事が、企業全体の業績アップに繋がるのです。直接的には成果が見えにくい人事の仕事ですが、企業全体に及ぼす影響力は大きく、やりがいをもって取り組むことができるでしょう。

■人事に求められるスキル

面接選考・会社説明会・セミナーなど、採用業務において人事は何かと外部と接触する機会が多くなります。そして求職者は、面接・説明会で出会う採用担当者の印象から、企業内の雰囲気・社風を感じ取ります。つまり、人事は"企業の顔"として企業のイメージを背負っていると言えます。そのため、他者へ好印象を与えられることは重要です。求職者以外にも求人媒体や人材紹介サービスの担当者と密にやり取りを行い、どのような人材を採用したいかを伝えることになります。このように、多くの方と関わるのでコミュニケーション能力が他の職種よりも求められるでしょう。

また、人事においては長期的な視点による戦略的思考も求められます。なぜなら、人事は企業の10年・20年後を見据えた上で採用業務・教育業務を行うためです。

もちろん、効率的に求職者を集めることができるよう、新しい人材系サービスに対して常にアンテナを張っておく必要もあります。

人事の仕事を検索する