転職Q&A

法務の仕事とは?

企業の法律に関わる事務を処理する仕事です。

■法務とは

法務とは、企業の法律に関わる事務を処理する仕事です。

企業活動において法律が関わる場面は非常に多いため、法務の業務内容は多岐に渡ります。ただし、あくまで法律関連が中心となります。法務業務の具体例としては以下のような業務が挙げられます。

  • 契約書の作成・チェック
  • 社内規定の作成
  • 子会社の設立手続き
  • 登記変更手続き
  • 意匠の出願
  • 特許の出願
  • 許認可手続き
  • ライセンス契約の管理
  • 法的紛争の対応
  • サービス利用規約の作成・チェック
  • 株主総会の事務局運営
  • 法務研修の企画・運営
  • 法律相談窓口の運営
  • 法務研修の企画・運営

企業が活動する上で他社との契約は頻繁に行われるため、他部署から契約書に関する相談は日常的に発生するでしょう。また、取締役の変更や本店の変更がなされた際の登記変更手続きなど、法的に必ず行わなければいけない作業も都度発生します。さらに、企業において新しい取り組みを行う際には、法的リスクを分析したりスキームを検討しなければいけません。

このように、法的トラブルや不祥事を予防し、トラブルが発生した際は適切に対処することにより、企業の社会的信用を守るのが法務の仕事です。特にコンプライアンスが重要視される昨今、法務研修等を行うことで法律に関する知識を社員全体に深める役割も法務は担っています。

■法務の仕事に求められるスキル

法務の仕事は法律に関わるという点で専門性は高いですが、弁護士・司法書士といった法律関連の資格が必須というわけではありません。なぜなら法務の仕事では、法律に関する事務処理を行うのであり、弁護士業務を実際に行うわけではないからです。もちろん、企業内弁護士としての募集であれば、弁護士資格の取得は必須です。

ただし、法務の業務においては、既存法律の改正や新しい法律の施行等に対応していく必要があるため、常に業務に関わるような最新の法律を把握しておく必要があります。

また、法務の仕事では各部門との調整も頻繁に発生します。

例えば契約書のチェックは営業部門とのやり取りが必要になるでしょう。契約は相手方も存在するので、法務の求める契約書内容と相手方が求める契約書内容で齟齬が生じる可能性もあります。当然営業としてはなるべく早く契約を済ませたいと考えるのが自然であるため、法務として妥協できるラインとできないラインについて納得してもらいながら折り合いをつけていかなければなりません。

このように、各部門からすると面倒だと感じることについても、理解をしてもらわなければいけない点が法務の仕事の大変な部分でしょう。

法務の仕事を検索する