転職Q&A

合同会社とは?

アメリカのLLCをモデルとした、日本における会社形態の一つです。

合同会社とは、2006年5月に新しく設けられた会社形態で、アメリカ合衆国のLLC(有限責任会社)をモデルとしています。そのため、日本版LLCと呼ばれることもあります。

株式会社と比較して容易に設立でき、設立する上での費用も安いため、制度開始1年で約5,000社設立されその後も設立数は増えています。一般的には聞きなれない会社形態であるため、怪しい会社というイメージを持たれる方もいますが、名の知れた外国企業の日本法人が合同会社として設立されていることもあります。

知名度が低い・上場ができないというデメリットはあるものの、出資者の責任が有限責任である点は株式会社と同様です。また、以下のように株式会社にはない合同会社ならではのメリットもあります。

■定款設計の自由度が高い

定款とは会社のルールを定めたものですが、合同会社は株式会社と比較して定款の内容を自由に設計することができるという利点があります。具体的には、

  • 業務の執行
  • 利益損失の配分
  • 残余財産の分配
  • 定款の変更 など

についてどのように決定するかについて定款で定めることが可能なのです。

■意思決定が早い

株式会社では出資者(株主)と役員(取締役)は分離しており、決議事項によって意思決定機関が株主総会であったり取締役会であったり異なります。

しかし、合同会社においては出資と経営が一体となっており、意思決定手続きが株式会社と比較してシンプルになっています。そのため、一般論としては意思決定も早くなります。