転職Q&A

出向とは?

一般的に企業が従業員を子会社や関連会社で就業させる制度をさします。

出向の定義を直接定めている法律はなく、出向とは一般的に企業が従業員を子会社や関連会社で就業させる制度をさします。

出向を行う主な目的としては以下のようなものが挙げられます。

  • 出向先企業への経営や技術指導
  • 出向者の職業能力開発
  • 企業間の人事交流

出向には大まかに分けて従業員が現在雇用されている企業と雇用契約を結んだまま、異動して業務に従事する在籍型出向と出向元の企業と雇用契約を解消し、出向先の企業と新たに雇用契約を結ぶ移籍型出向(転籍)があります。

■在籍型出向

従業員の籍や給与の支払い義務は出向元の企業にありますが、業務の指揮命令権は出向先の企業にあります。在籍出向を企業が行う場合、就業規則などで事前に周知し包括的に従業員の同意を得ることで、労働条件が悪くなるなどの特別な理由がない限り、従業員に個別の同意を得ることなく出向を命じることができます。

■移籍型出向(転籍)

従業員は現在雇用されている企業を退職という扱いになるため、籍や給与の支払い義務や業務上の指揮命令権は出向先の企業が持つことになります。移籍型出向(転籍)の場合、企業が業務命令で一方的に命じることはできず従業員の同意が必要となります。退職金制度などで定められていれば、従業員は退職金を受け取ることができます。