転職Q&A

介護休業とは?

家族を介護するために休業を取得することができる制度です。

介護休業とは、家族が要介護状態になった場合に、家族を介護するために休業を取得することができる制度です。対象となる家族は以下です。

  • 配偶者(事実婚関係の場合も含む)
  • 父母及び子
  • 配偶者の父母
  • 同居かつ扶養している祖父母・兄弟姉妹・孫

また、要介護状態の定義は、「負傷、疾病または身体上もしくは精神上の障害により、2週間以上の期間にわたって常時介護を必要とする状態」を指します。

介護休業の取得は、対象となる家族一人につき、通算93日までの取得が可能です。そして、回数は3回を上限に分割取得することができます。

正社員に限らず契約期間が定められているような契約社員等も以下の条件を満たすことにより取得が可能です。

  • 同一事業主に引き続き雇用されている期間が1年以上である
  • 介護休業開始予定日から93日後も引き続き雇用される見込みがある場合

ただし、1日単位の労働契約期間で雇用されている者(日々雇用される者)については、介護休業の適用を除外されます。