転職Q&A

第二新卒とは?

学校を卒業後1~3年で、転職または就職を志す若年の方々(25歳前後)のこと

一般的に、第二新卒とは、学校を卒業後、一度就職をしたが数年の内に離職し、転職活動をする若手求職者を指します。新卒者が就職後、数年で離職する割合は年々増加傾向にあります。厚生労働省が毎年発表する大学新卒者の離職率統計によると約30%が3年以内に辞めていると言われています。不況下で採用数が減少していたり、早期・短期化の就職活動の中で自分に合った就職先に就くことが容易でないことが一因にあげられています。転職活動において、第二新卒者の明確な定義はありませんが、一般的に以下の通りです。

■学校を卒業後1~3年で、転職または就職を志す若年の方々(25歳前後)

※マイナビジョブ20'sは、派遣社員、契約社員として社会人経験のある方や、留学などの何かしらの理由で、遅れて就職活動を始める方も、第二新卒と定義しています。

即戦力とはならなくても、社会人として基本的なビジネスマナーを身につてた第二新卒者を企業は求めています。求人市場では、第二新卒は社会経験のない新卒者と中途採用で即戦力を期待される経験を積んだ社会人との間に位置づけられており、企業の人員戦略上、現在採用のニーズは高まっています。