転職Q&A

ブランク期間があることは転職活動において不利になるでしょうか?

ブランク期間を意欲的に目的を持って過ごしていることを伝えられれば、むしろ前向きな印象を与えられます。

■ブランク期間は転職活動で不利になるか?

一定のブランク期間があると、転職活動が不利になってしまうのではないか、と不安に思われる方もいらっしゃるでしょう。

ブランク期間があるということは、周囲の者と比べてその期間分だけ職務経験が少なくなることを意味するので、企業において多少の懸念が生じる可能性があることは否定できません。その点、ブランク期間がない場合と比較して転職活動が不利になる面が全くないとは言い切れません。

しかし、これはブランク期間があると転職ができなくなることを意味しません。転職を行う方はそれぞれ様々な事情を抱えており、企業の採用担当者もそのことを理解しています。そのため、一律にブランク期間があるからダメということにはなりません。

■重要なのは、ブランク期間の理由を理解してもらうこと

ブランク期間がある場合に、ほぼ間違いなく採用担当者から聞かれることになるのが"ブランク期間の理由"についてです。この質問に対して、必要以上に身構えることはありません。

この質問を聞かれているということは、面接選考に進んでいる状況になるかと思います。そして、面接選考に進んでいることは、企業があなたを採用するか否かを真剣に検討していることを意味します。あなたを"落とそう"と思っているのであれば、企業も面接の場をわざわざ用意しないでしょう。ブランク期間について質問をするのは、あくまで履歴書・職務経歴書からは読み取れない点について明らかにしたいからなのです。

ブランク期間がある場合は、必ずブランク期間の理由について聞かれるものとし、質問に対する答えをあらかじめ用意しておくことが重要になります。納得のできる理由を説明することができれば、ことさらに不利になるということはありません。

むしろ、ブランク期間を利用して、資格取得を目指していたり、自身のスキルを高めるために取り組んでいたことがあるなど、目的を持って意欲的に過ごしていたことを伝えることができれば、高く評価されることさえあります。

重要なのは、ブランク期間について自分自身が肯定的に捉えられているかどうかです。ブランク期間について、自分自身が肯定的に捉えられていれば、面接の場においても、自信を持って質問に返答することができるようになります。逆に、ブランク期間について自分自身が否定的な想いを持っていると、その想いは採用担当者にも伝わってしまいます。

転職活動を行うにあたり、ブランク期間があることを不安に感じる気持ちはわかりますが、その期間はあなたにとってはきっと必要な期間であったはずです。ブランク期間がある理由を整理し、面接の場において前向きな印象を与えられるように心がけましょう。