転職Q&A

転職に適した時期はいつか?

各自の事情によって異なりますが、一般的には3~4月・9~10月に求人数が増えるとされます。

■転職に適した時期とは?

転職希望者それぞれで転職をする理由は異なります。そのため、全ての方に共通して「この時期が転職に適している」と言うことはできません。しかし、一般的には3~4月・9~10月が転職に適していると言われることが多いです。

3~4月・9~10月は多くの企業で年度の切り替わるタイミングとなっています。そして年度の切り替わりのタイミングは、人事異動・新規事業の立上げ・退職者の発生が重なりやすい傾向にあり、企業は人の入れ替わりや退職者の後任補充に対応する必要性が高まるのです。そのため、中途採用のニーズが一時的に高まり、結果的に新規求人が増加するのです。また、年間を通して募集されている求人は、"適任者がいれば採用したい"というケースがあるのに対して、この時期の求人は後任者の補充という性質上、緊急性を要することがあるのも特徴です。

このように、求人数が増加するために3~4月・9~10月は転職に適していると言われるのです。

■各自の事情に合わせて転職時期を決めよう

3~4月・9~10月は求人数が増加し、転職希望者にとっても転職先の選択肢が広がると言えます。

ただし、自分の希望する仕事を探しやすい反面、転職者も同時に増加する傾向にあり、競争が激しくなりやすい時期ともいえます。つまり、選考に通りやすくなるとは限りません。そのため、一概に転職に"有利"とまでは言い切れないのです。

それに、3~4月・9~10月の転職時期にこだわるあまり、転職時期を遅らせると、その分転職先で得られたであろう経験を逃すことにもなります。20代においてどのような経験をしたかによって、その後のキャリアの歩み方も左右されます。新しい環境で挑戦したいと考えているのであれば、時期に関わらずすぐに転職に踏み切るのも一つの手です。

求人数が多いという意味では、確かに3~4月・9~10月が転職に適しているとされていますが、必要以上にこのことを意識することはありません。あくまで自身の現状に応じて、転職活動の時期を決めていくことをおすすめします。賞与支給後のタイミングに合わせたり、現職の勤続年数をキリよくさせてから転職を目指す方もいるようです。

また、例え3~4月・9~10月の転職を目指すとしても、選考調整や内定後の引継ぎスケジュールを考えると、転職活動をスタートするのは数ヶ月前であることが望ましいでしょう。