転職Q&A

面接会場には何分前に到着すべきでしょうか?

面接開始時刻の5~10分前が適切です。

■採用担当者の迷惑にならないことを心がける

面接での遅刻は厳禁です。企業の採用担当者は様々な仕事をしている中で、面接のために時間を確保しているため、遅刻によって面接が予定通りの時間に終わらないとなると他の仕事にも影響が出て、迷惑をかけることになります。

もちろん、電車遅延等の不測なトラブルによって遅刻する可能性もあるでしょう。基本的には不測の事態に対応できるように、余裕を持って行動していくことが望まれますが、万が一遅刻をしてしまうような場合は、遅刻することが予想できた時点で、採用担当者に遅刻の理由と到着時間を伝えましょう。

面接に遅れないことは基本ですが、一方で面接予定時刻よりもあまりに早く面接会場に到着するのも避けるべきです。なぜなら採用担当者が他の仕事をしている可能性があり、対応ができないこともあるからです。採用担当者に無用な気遣いをさせることにもなりかねないので、早すぎる訪問はやめましょう。

■面接開始時刻の5~10分前に到着する

早すぎる到着も迷惑をかけてしまう可能性を考えると、面接会場へ到着する時間は面接開始時刻の5~10分前が適切だと言えるでしょう。ただし、あらかじめ受付時間が定められている場合は、面接開始時刻に関わらず、受付時間に従うべきです。

面接会場への到着は5~10分前を目指す一方で、最寄り駅への到着は余裕を持たせることをおすすめします。初めての土地に向かう際には、乗り換えミスや会場までの道のりで迷う可能性があるためです。不測の事態に対応できるように、最寄り駅には早めに到着するように行動し、カフェなどで気分を落ち着かせてもいいでしょう。