転職Q&A

TOEICの点数が高い方が転職に有利?

志望する企業によっては、有利になることもあります。

■TOEICとは

TOEICとは英語によるコミュニケーション能力を評価する世界共通のテストです。合否の判定はなく、統計的に算出されるスコアによって受験者の英語力を評価する実力測定試験です。

■TOEICの点数が転職で有利になるケースとは?

TOEIC以外にも英語によるコミュニケーション能力を評価するテストは多数存在します。しかし、現状日本で最もメジャーな試験として、多くの企業が英語力を測る基準として利用しているのがTOEICです。就職活動や転職活動で、アピールポイントを一つでも増やせるように、TOEICで高得点を目指している方は少なくないでしょう。

ただし、TOEICの点数を選考において重視するか否かは企業次第です。実務において英語を全く使用する機会のないポジションであれば、TOEICの点数はさほど重要視されないでしょう。逆に、働く上で英語力が必要とされる求人では、応募条件として一定水準以上のTOEICスコアが求められることもあります。そして、このような求人が存在する以上、TOEICで高得点を採っていることが転職活動を進める上で有利に働く面があることは否定できません。

また、TOEFLや英検といったTOEIC以外の資格・検定試験についてもTOEIC同様に、英語力が重視される企業では評価される可能性があります。特に難易度の高い資格・検定試験であればなおのこと評価対象になるでしょう。

それでも、あくまで日本企業における英語力評価基準の主流はTOEICです。TOEICは日本で広く浸透しており受験者の母数も大きいため、企業の採用担当者からすると、求職者間の英語力を比較しやすいのです。加えて、採用担当者自身もTOEICを受験していることが多く、自身と比較して求職者の英語力を評価することができる点も強みと言えます。

以上より、もし英語力を重視する求人への応募を考えているのであれば、TOEICで高得点を目指すことを考えてもいいでしょう。特に書類選考においては、採用担当者があなたの英語力を測る材料は、履歴書・職務経歴書しかありません。履歴書・職務経歴書においてTOEICの点数をアピールすることができれば、書類選考を有利に進められる可能性もあります。

ただし注意したいのは、TOEICがあくまで英語力の評価基準としてのみ利用されるという点です。企業の採用担当者は、応募者が実現場で活躍するかどうかを判断するのであり、英語力だけで合否を決定することはありません。