転職Q&A

資本金とは?

会社が受けた出資額を指します。

■資本金とは?

会社を設立した際はもちろん、企業活動を行っている間にも、事業を行う上では何かと資金が必要となります。事業で得られた収益のみで事足りているのであればともかく、そうでない場合には外部から資金を調達する必要があります。そして、外部から資金調達を行う代表的な方法として、借入もしくは出資を受けることによる調達が考えられます。

そして実は資本金とは、企業が出資によって受けた金額を表しているのです。当然、資本金が多いほど、増資による調達額が多いことを表します。なお、企業の代表者や役員が自己資金によって会社に対して出資を行う場合もあります。出資と聞くと、投資家によって行われるイメージがありますが、むしろ多くの企業では代表者や役員が自己資金で出資を行っています。

また、注意が必要なのは、「資本金=会社が受けた出資額の"総計"」ではないという点です。会社が出資を受ける際、出資した額を資本金として計上することになるのですが、出資額の一部については資本金として計上する必要がないためです。資本金として計上されない出資金は資本準備金と呼ばれます。
※具体的には、出資額2分の1を資本金として計上しないことができます。

例えば、資本金が1億円の会社は、過去を通して最低でも累計1億円の出資を受けたことになります。ただ、出資額の全てを資本金として計上しているとは限りません。4,000万円を資本金に計上せずに資本準備金とすれば、資本金は6,000万円ながら実際の出資額は1億円ということになります。

■資本金が多い会社は優良企業?

「資本金が多い=会社として優秀」と考える方がいますが、資本金の多寡によって会社の価値は判断できません。

なぜなら、資本金が示すのは会社が受けた出資額だけだからです。資本金は出資を受ければ受けるほど額が大きくなります。一方で、出資によって得た資金を、その後どのように使用したとしても資本金は減りません。

そもそも、事業内容によっては多額の出資を必要としない場合も多いです。例えば、設備投資の必要性がある事業においては事業の元手もそれだけ多く必要になりますが、事務所とパソコンさえ最低限あれば十分という事業も存在します。しかし、後者のような事業で大きな利益を上げている企業は存在します。

つまり、資本金は会社の業績と相関性がないのです。資本金が多くても業績が悪い企業は存在しますし、その逆に資本金が少なくても業績が良い企業は存在します。