転職Q&A

所定労働時間と法定労働時間の違いとは?

法定労働時間は法律で、所定労働時間は会社で定められる労働時間です。

法定労働時間と所定労働時間は似ていますが、その意味するところは異なります。

まず、法定労働時間は法律(労働基準法)で定められている労働時間の"限度"です。「1日8時間・1週40時間」と決められており、会社は原則として法定労働時間を超えて従業員を労働させることはできません。もし法定労働時間を超えて労働をさせる場合は、時間外労働のための手続きである36協定の締結に加えて、割増手当の支払いも必要となります。

一方で、所定労働時間は会社が定める労働者の労働時間です。法定労働時間では1日8時間・1時間40時間の労働を上限としていますが、逆に言えばこの範囲内であれば企業は自由に労働時間を定めることができるのです。求人を見ていると、7時間労働・7時間半労働・8時間労働など、会社によって労働時間が異なるのはこのためです。
※労働時間制度によっては、1日8時間・1週40時間の上限を、条件付で解除することはできます。

なお、割増手当の支払いは、「法定労働時間を超えた分」にのみ必要であることにご注意ください。所定労働時間が7時間の会社で1時間超えて労働したとしても、法定労働時間の8時間を超えていないので、会社は割増手当を支払う必要はないのです。もちろん、所定労働時間を超えた時点で割増手当を支給するように会社が定めること自体は問題はありません。

以上、法定労働時間が労働時間全体に関する統一ルールであるのに対して、所定労働時間は会社ごとに決めるルールと考えてもらえれば分かりやすいと思います。転職の際には、個別の企業に応募することになるので、注目すべきは各企業の"所定労働時間"となるでしょう。