転職Q&A

SEOとは?

検索エンジン最適化を指します。

■SEOとは?

SEO(Search Engine Optimization、略称:SEO)とは、"検索エンジン最適化"を意味します。より詳しく言えば、ウェブサイトをGoogle・Yahooといった検索エンジンの検索結果により多く露出させるための技術・手法を指します。

■SEOをなぜ行うのか?

パソコン・スマートフォンの個人所有が当たり前になった現代において、誰しもがインターネットに接続して自由にウェブサイトを閲覧することができるようになりました。

それに伴い、求めている情報が載っているウェブサイトを探すために、検索エンジンを利用することが一般的となりました。例えば、20代の転職について知りたいユーザーは、「20代 転職」といったキーワードで検索を行い、表示される検索結果の中から自身の求める情報を探し出します。

検索結果に表示されるウェブサイトの順位は、Googleなどの検索エンジンを運営する企業が独自に定めておりますが、一般的には検索されたキーワードと深い関連性があるウェブサイトであればあるほど上位に表示されるようになっています。当然、上位にウェブサイトが表示されれば、それだけユーザーの目に留まりやすくなり、ウェブサイトのアクセスが増えます。そのため、企業などではウェブサイトの検索順位を上げるためにさまざまな試みを行っています。

もっとも、ウェブサイトにアクセスを増やす方法はSEOだけではなく、リスティングに代表されるウェブ広告による方法もあります。ウェブ広告の場合は、費用さえかければアクセスをすぐに集めることができるという利点があります。一方でSEOは費用をかけずに行うことも可能ですが、一般的にはアクセスを集めるまでに時間がかかります。

ただし、ウェブ広告でアクセスを維持するには費用をかけ続ける必要があるのに対して、SEOは一度ウェブサイトが検索結果の上位に表示されば費用をかけることなく継続的にアクセスを維持することができる傾向にあります。

そのため、短期的なアクセス増加には向いていないものの、長期的に安定したアクセスを得るためにSEOを行う場合が多いのです。

■SEOのやり方

検索エンジンの表示結果は、検索エンジンが独自に定めた方法に基づいて表示されるため、SEOの本当に正しいやり方は運営者にしか分かりません。

しかし、運営者から一部公表される情報もあり、また、自身で研究を行うことにより検索結果に上位表示される方法を明らかにしていく者もいます。実際に、かつては検索エンジンによる順位算出方法の穴をつき、不正に順位を上昇させるために、リンクを大量に増やしたり、特定のキーワードを含む文章を自動生成したりするなどがSEO手法として横行していました。

ただし、検索エンジンの順位算出方法は年々高度化が進んでおり、それらの手法を用いたWebサイトはユーザーにとって価値のない低品質なWebサイトと判断され、現在では無効化やペナルティの対象となるようになりました。

そのため近年では、ユーザーにとって価値のある良質なコンテンツを用意し、使いやすく見やすいサイトの構成にするといった手法が主流になっています。