転職Q&A

ルートセールスの仕事内容とは?

既に取引のある顧客を定期的に訪問する営業手法を指します。

■ルートセールスの仕事内容

ルートセールスとは、既に取引関係のある顧客を定期的に訪問して商品・サービスの販売を行う営業手法を指します。例えば、商品配送・集金・再注文を行うために、既存の取引先を回っていくような業務が挙げられます。

ルートセールスの営業対象は取引関係が既にある顧客が中心となるため、新規の顧客を開拓していく営業とは異なる点を意識していく必要があります。それは、取引先との関係を良好に維持していくことです。

取引関係が既にある顧客とはいえ、顧客の満足度が下がれば取引関係の終了に繋がる可能性があります。また、競合他社も取引関係を築こうと窺っているため、常に他社よりも満足度の高いサービスを提供するよう心がける必要があります。

その点、決まった仕事をこなすだけではなく、顧客のニーズを汲み取りそのニーズを満たす提案ができることも重要です。顧客にとって欠かせないビジネスパートナーとして認められれば、長く取引関係を継続してもらえると同時に、アップセル・クロスセルの機会を発見することもできるでしょう。

■ルートセールスで求められるスキル

ルートセールスの仕事を行う上で、資格が必要とされることは少ないです。そのため、未経験歓迎の求人も多いです。ただし、人と会うことが中心の仕事であるため、基本的なビジネスマナーやコミュニケーション能力が必要です。また、車で移動することが一般的な地域においては、自動車運転免許を持っていることを必須としている場合もあります。

ルートセールスの仕事を検索する