転職Q&A

企業コンプライアンスとは?

企業が法律や企業倫理を遵守することを意味します。

■コンプライアンスとは?

コンプライアンスという言葉の辞書的な意味は、「命令・要求などに従うこと、法令遵守」となります。本来はビジネス分野に限定して用いられる言葉ではありませんが、日本では主に企業が法律や企業倫理を遵守することを意味して使われます。

コンプライアンスが具体的に何を指すかについては、企業によって定義が異なります。コンプライアンスは狭義には「法令遵守」を指すので、法律や条令を守れば足りるという考え方もできます。しかし、広義には「命令・要求などに従うこと」を指します。そのため、企業が"命令"・"要求"をどのように定義するかによって、コンプライアンスの具体的な内容も変わるのです。

■コンプライアンスの取組み

コンプライアンスを法令の遵守に留めず、社内規定・社会規範の遵守、さらには社会からの期待・要請に応ずることまで拡張していくなど、考え方は企業それぞれです。コンプライアンスの具体的な取り組みとしては以下のような例が挙げられます。

  • 顧客への商品、サービスに関する情報提供の徹底
  • 個人情報の管理
  • 環境問題への取り組み
  • ハラスメントの相談窓口の設置
  • 働きやすい職場環境の整備
  • 知的財産の保護
  • 反社会的勢力との関係遮断 など

法律を守るという基本的な取り組みから、社会貢献的な取り組みまで、コンプライアンスの取り組みとしては様々な内容が考えられます。

ただ、法令を守っていたとしても、法律の抜け道をくぐって倫理的に問題のある行動を取ったとしたら、それはコンプライアンスとして正しい姿とは言えません。

■なぜコンプライアンスが重要なのか

近年、企業においてコンプライアンスを重視することが求められています。法令違反や法令の不備をついて事業を行う企業の存在によって、消費者等企業のステークホルダーが不利益を被る結果となるからです。

利益を追求する過程において、コンプライアンス意識が希薄になることは残念ながら存在します。しかし、その結果としてステークホルダーへの不利益に繋がることがあり、さらには企業自体の評判が地に落ちることさえあります。つまり、コンプライアンスを重視することは、ステークホルダーのみならず企業が自社を守ることにもなります。

特に、社会的存在として企業の社会に対する責任が叫ばれる昨今において、最低限のコンプライアンス対応は当然として捉えられています。コンプライアンスの取組みはコストも要しますが、企業のブランド価値を維持・向上させるためには重要な取組みとなります。