転職Q&A

システムエンジニア(SE)とは?

情報システムの開発現場において上流工程を担当する職業です。

■システムエンジニア(SE)とは?

システムエンジニアとは、情報システムの開発現場において上流工程を担当する職業を指します。SE(エスイー)と呼ばれることもあります。

関係者も多く設計も複雑な情報システムの開発では、プロジェクト全体を俯瞰で見て管理するマネージャーの存在が必要不可欠です。システムエンジニアはまさにこのマネージャーの役割をシステム開発の現場で担い、プロジェクトがスムーズに進むために全体の進捗等を管理していくのです。

■システムエンジニア(SE)の仕事内容

システムエンジニア(SE)の仕事内容は企業や開発プロジェクトによっても異なりますが、一般的には以下のような業務内容が挙げられます。

  • 要件定義
  • 見積もり
  • システムの設計
  • システム全体のテスト
  • 予算管理
  • 進捗管理
  • メンバー管理 など

システムエンジニアはプログラマーと混同されることが多く、業務においてプログラミングを行うというイメージを持っている方もいます。しかし、プログラマーを兼任している場合を除いて、システムエンジニアが自身でプログラミングを行うケースは一般的に少ないです。一方、プログラマーはプログラム言語を用いて実際にプログラミングをしていきます。

システムエンジニアの仕事は、開発するシステムにおいて実装すべき機能・満たすべき性能を明らかにしていき、その内容を基に設計を行いプログラマーが設計書どおりにプログラミングしていける状態を用意します。その後も、予定通りにプロジェクトが進捗しているのか管理をしていくのです。

システムエンジニアがいないと、プロジェクトの途中で実装すべき機能に不足があることが判明したり、それが原因で見積もり・スケジュールに変更が生じたり、そもそもの設計に問題があって開発をやり直す必要があったり、様々な問題が起こりえます。

複雑なシステムを開発するからこそ、全体を整理していくシステムエンジニアの存在が重要なのです。

■システムエンジニア(SE)の仕事内容

システムエンジニアがプログラミングを行うことは少ないですが、要件定義・システム設計を行うためにはプログラム言語に関する知識は求められます。プログラマーとのやり取りをスムーズに行うためにも必須でしょう。研修が充実している企業では、入社後に身につけることも可能ですが、専門性の高い知識だからこそ興味を持って勉強していけることが重要です。

また、システムエンジニアはプロジェクト全体の管理を行うために、内外共に外部の者と接触する機会が非常に多くなります。そのため、コミュニケーション能力も重要となるでしょう。