転職Q&A

SE(システムエンジニア)とは?

情報システムの開発現場において上流工程を担当する職業です。

SE(システムエンジニア)とは、情報システムの開発現場において上流工程を担当する職業をさす和製英語です。開発プロジェクトにより異なりますが、SEが担当する具体的な業務としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 要件定義
  • 見積もり
  • システムの設計
  • システム全体のテスト
  • 予算管理
  • 進捗管理
  • メンバー管理 など

プログラマーと混同される場合がありますが、プログラマーはSEが作成したシステムの設計書をもとにプログラム言語を用いてプログラミングを行い、作成したプログラムが設計書通りに動作するかテストを行う役割を担います。一方、SEは開発するシステム全体の設計書を作成し、プログラマーたちをまとめ情報システム構築全体を管理する役割を担います。

SEに求められる能力としては情報技術に関する専門知識はもちろんのこと、クライアントやプロジェクトに関わるメンバーとの交渉や調整も多いため、コミュニケーション能力やマネジメント能力が求められます。