転職Q&A

営業事務の仕事とは?

営業担当者をサポートする仕事です。

■営業事務とは?

営業事務とは、事務職の分類の一つであり、主な仕事内容は企業の営業担当者をサポートすることです。

一般的な事務職と業務内容が共通する部分は多いですが、企業が営業活動を行う上で発生する事務作業を主に行っていく点が特徴です。

■営業事務の業務内容

営業事務の仕事内容は、企業さらには営業担当者によっても異なります。企業によって営業活動を行う上で発生する事務作業は様々だからです。そのため、営業事務を目指す場合は仕事内容をあらかじめ求人で確認しておくといいでしょう。

多岐に渡る営業事務の仕事内容ですが、具体的には以下のような例が挙げられます。

  • 提案資料の作成
  • 見積書・請求書の作成
  • 電話対応
  • 営業のスケジュール管理
  • 名刺管理
  • 来客の対応
  • データ集計・入力
  • 書類の郵送
  • ファイリング
  • 備品の発注 など

また、営業担当が仕事をする上で発生する突発的な事務作業に対応することもあります。

■営業事務に求められるスキル

営業事務の仕事では書類作成が多くなる可能性が高く、最低限のパソコンスキルは必須です。高度な技術を求められることはあまりありませんが、Word・Excel・PowerPointの利用頻度は高いので、使えることは有利になります。Excelの関数に詳しければアピール材料となるでしょう。

   

また、決まった時期までに書類を用意しなければいけないこともあるため、作業スピードの速さも重要でしょう。顧客に提出する書類も含まれていることがあり、正確性を保つ必要もあります。

   

来客対応・電話対応を行うような場合には、相手に不快感を与えないようなビジネスマナーを身につけておかなければいけません。もちろん、営業担当者とのやり取りも多くなるのでコミュニケーション能力も重要視されます。

   

営業事務のお仕事で資格が必要とされることはそれほど多くありませんが、経理事務を担当する場合には簿記や英語を利用する場合にはTOEIC等がアピール材料となることはあります。

■まとめ

   

営業事務は未経験からでもスタートしやすい仕事ではありますが、縁の下の力持ちとして企業の営業活動をサポートする重要な役割を担います。

   

直接的な営業活動は行わないものの、営業事務が営業担当者をサポートすることによって営業担当者はストレスなく自身の仕事に集中することができるのです。企業の営業活動を裏側で支えることで貢献をしていきたいと考える方は営業事務を目指してみてはいかがでしょうか。

   

営業事務の仕事を検索する