転職Q&A

業務委託(請負)とは?

自己の裁量・責任で業務を行う契約の形式を指します。

業務委託(請負)とは、企業等の発注者から依頼された仕事を、自己の裁量・責任において行う契約の形式を指します。

企業に雇われて働く雇用契約とは異なり、業務の内容等については個別の契約ごとに定めます。業務委託契約を締結する例としては、自営業主として企業から業務の依頼を受けるような場合が挙げられるでしょう。

業務委託で契約を締結する場合、正社員・派遣労働者・契約社員・パートタイム労働者など法的に定める"労働者"として扱われず、"事業主"として扱われるため、"労働者"としての保護を受けることができません。もちろん、業務委託の契約を締結していたとしても、実質的に法に定める"労働者"として働いていれば、労働者としての保護を受けることができます。

一方で、企業等の依頼主からは独立した事業主であるため、依頼された仕事をどのように遂行するかは、基本的に自己の裁量で行うことができます。社員のように勤務地・勤務時間に関する縛りはなく、在宅勤務で仕事を行えたり、自身の好きな時間に仕事を行えたりできます。

勤務時間に関係なく、あくまで仕事の完成に対して報酬が支払われるため、会社勤務では望めない収入を得ることができる可能性もあります。