転職Q&A

紹介予定派遣とは?

企業に直接雇用されることを前提に、一定期間派遣スタッフとして就業する制度を指します。

■紹介予定派遣とは?

紹介予定派遣とは、企業に直接雇用されることを前提に、一定期間(最長6ヶ月)派遣スタッフとして就業する制度を指します。

派遣スタッフとして働く場合、派遣スタッフは派遣先(勤務先)の指示を受けながら就業することになります。しかし、雇用契約自体は派遣元(派遣会社)と締結している状態です。つまり、「雇用契約を結んでいる会社」と「実際に働く会社」が違うのです。

紹介予定派遣で働く場合も、まずは派遣スタッフとして働くことになりますので、働き始める段階では勤務先との雇用契約は結びません。雇用契約は派遣元(派遣会社)と結ぶことになります。

しかし一定期間就業後、派遣スタッフと派遣先(勤務先)が双方に合意すれば、派遣スタッフは社員として派遣先(勤務先)に直接雇用されることになります。この段階で紹介予定派遣として勤務していた企業と直接雇用を行うことになります。

派遣社員と直接雇用を合わせたような制度です。

■紹介予定派遣のメリットとは

紹介予定派遣のメリットは、企業に直接雇用される前の段階で、実際に企業内で働くことができる点です。このことにより、社内の雰囲気・労働環境・業務内容等が自身の希望と合致していたかどうか見極めてから入社を決めることができます。

求人情報・面接だけでは判断できない現場の情報を、派遣スタッフとして働いている間に体験することで、「こんなハズではなかった」となることを防げます。

また、企業にとっても現場における勤務態度や人柄を実際に見てから直接雇用を行うことができるというメリットがあります。

お互いの見極め期間を設けることでミスマッチを防止するのが、紹介予定派遣の働き方となります。

いきなり直接雇用を行わないということもあり、採用ハードルを一般より下げて採用を行っているケースもあり、未経験での挑戦がしやすい面もあります。

■派遣会社がフォロー

紹介予定派遣で直接雇用されるためには企業の合意も必要となります。そのため、派遣スタッフとして働く中で企業に入社したいと考えていても、残念ながら直接雇用されないことがあります。

しかし、派遣期間中や正社員登用時も、派遣会社が間に入ってフォローしてくれます。自身で直接企業と交渉するのはやりにくさもあるでしょうが、派遣会社が間に入ってくることで安心できるでしょう。紹介予定派遣の求人に応募したいと思ったら、派遣会社の担当者に疑問点を相談しましょう。