転職Q&A

派遣とは?

派遣元と雇用契約を締結し、派遣先から指揮命令を受ける雇用形態です。

■勤務先とは雇用契約を結ばない!

派遣の大きな特徴は"雇用契約を結ぶ企業"と"実際に業務を行う企業"が異なる点にあります。

正社員・契約社員・アルバイト・パート等の就業形態では、勤務先の企業と直接雇用契約を結び、給料も勤務先から支払われます。

しかし、派遣の場合、労働者は派遣企業(派遣元)と雇用契約を結びます。しかし、実際の業務は派遣先となる企業で行うことになるのです。当然、業務の指示も派遣先の企業で受けます。

■給料はどこからもらうの?

派派遣として働く場合、給料は派遣企業から支払われることになります。実際に業務を行っている勤務先企業から給料が支払われるわけではありません。

なぜなら、雇用契約を締結している主体が派遣企業だからです。そのため、派遣として働く際の待遇・労働条件等については、勤務先企業ではなく派遣企業の条件に準じます。

■登録型派遣と常用型派遣の違い

派遣の働き方にも、大きく分けて「登録型派遣」と「常用型派遣」があります。どちらであろうとも、雇用契約を派遣企業と結んで、派遣先となる勤務先企業で業務を行う点には変わりありません。ただし、両者の間では派遣元との契約形態が異なります。

登録型派遣の場合、労働者と派遣企業(派遣元)との雇用契約は、勤務先企業(派遣先)が決まってから結ぶことになります。そして、勤務先企業での勤務が終わると共に、派遣企業との雇用契約が終了します。つまり、給料も派遣先となる勤務先企業で勤務している間しか支払われません。派遣先での勤務が終われば、また次の派遣先となる企業を探す必要があります。

一方で常用型派遣の場合は、派遣元の企業と正社員や契約社員での雇用契約を結びます。そのため、たとえ派遣先がなかったとしても、契約内容に応じた給料をもらい続けることができるのです。

■派遣から社員へ、紹介予定派遣とは?

派遣の中には、派遣先の企業に直接雇用されることを前提に、一定期間派遣スタッフとして働く「紹介予定派遣」という制度もあります。

派遣企業と雇用契約を結び、実際に働くのは派遣先である点は、通常の派遣と変わりません。しかし、紹介予定派遣の場合、一定期間(最大6ヶ月間)派遣スタッフとして就業後、派遣スタッフと派遣先が双方に合意すれば、社員として派遣先に直接雇用される点が異なります。

派遣期間に、派遣先の仕事内容・社風・雰囲気を見て、その後に社員として直接雇用されるかどうかを選択できるので、ミスマッチの予防にもなるのです。