転職Q&A

ベンチャー企業とは?

中小規模の成長過程にある企業が名乗る場合が多く見受けられます。

明確な定義はありませんが、ベンチャー企業とは一般的に革新的なアイデアや独自の技術をもとに新しいビジネスモデルや市場にチャレンジしていて、中小規模の成長過程にある企業が名乗る場合が多く見受けられます。

主な特徴としては以下のようなものが挙げられます。

  • 大企業が参入しにくい分野で成長している
  • 未上場の場合は株式上場をひとつの目標にしている
  • 従業員の平均年齢が若い
  • 自社開発に積極的である
  • 創業してからの年数が浅い

大企業と比較した際のベンチャー企業で働くメリットとしては、従業員数が少ないため意思決定がスピーディなことや実力主義の企業が多い傾向があるため昇進しやすい、新規事業に立ち上げから関与できる可能性が高いことなどが挙げられます。

一方、デメリットとしては教育体制が整っていない場合ノウハウが個人に依存しやすいことや、財務基盤等が弱い場合経営が不安定になりやすいこと、制度が整っていないため福利厚生が充実していないケースがあることが挙げられます。

ベンチャー企業では自身の働きが企業の成長に貢献する度合いも高く、先駆者として活躍していきたい方にとっては非常に魅力的な環境です。