転職Q&A

Webディレクターの仕事とは?

ウェブサイト制作の全体を指揮する仕事です。

■Webディレクターとは?

Webディレクターとは、一般的にウェブサイト制作の全体を指揮する者を指します。

Webディレクターには大きく分けて二パターンの働き方があり、制作会社においてクライアントのウェブサイトを制作・運用していく場合と、事業会社において自社サービスのウェブサイトを運営していく場合に分けられます。

■Webディレクターの役割

ウェブサイトは多くの工程を経て制作され、デザイナー・コーダー・プログラマーなど様々な職種の方が関わります。そのため、全体像を把握してプロジェクト管理を行うWebディレクターが必要となるのです。

ウェブサイト制作・運用の全体像を把握し、各工程の進捗管理を行うことで、プロジェクトが予定通りに完了するようにしていくのがWebディレクターの仕事だと言えます。具体的には、以下のような流れで進んでいきます。

  • 要件定義
  • プロジェクトメンバーの選定
  • スケジュールの策定
  • 進行管理
  • 品質管理

また、企業・プロジェクトによっても内容が異なりますが、スキル・知識に応じて以下のような業務を任せられることもあります。

  • サイトコンテンツの企画立案
  • ワイヤーフレーム設計
  • コピーライティング
  • 撮影
  • SEO施策 など

■Webディレクターに求められるスキル

Web系の職種とあって、Webディレクターになるためにはウェブサイト制作の技術が必要だと思われている方もいます。しかし、デザイナー・コーダー・プログラマー等を兼務している場合はともかく、Webディレクター自身が制作作業を行うことは一般的に多くありません。そのため、ウェブサイト制作を行うスキルが必要だとは限りません。

ただし、制作対象となるウェブサイトにおいてどのような技術が必要となるか、また、作業者とのコミュニケーションをスムーズに行うためにも、プログラミング・デザイン・コーディング等の知識を持っていると有利です。特に、HTML・CSSに関する知識は必須でしょう。

また、ウェブサイトを利用した集客方法について考えるために、アクセス解析やSEO・SEMのマーケティング知識を持っていることが望ましいです。

Webディレクターは幅広い知識を持っていれば持っているほどに活躍の場が広がりやすい職種であり、常に最新の情報を収集していく姿勢を持っている方に向いています。

最低限の知識を持っていないとプロジェクトの管理を行うのが困難であるため、Webディレクターは一般的に未経験での応募が難しい職種となります。ただし、Webディレクターとしての勤務経験がなくとも、個人的にWebサイト制作を行っている経験などがあれば、その経験を評価される可能性も高いです。

Webディレクターの仕事を検索する