転職Q&A

Webディレクターの仕事とは?

ウェブサイト制作の全体を指揮する仕事です。

Webディレクターとは、一般的にウェブサイト制作の全体を指揮する者を指します。

ウェブサイトは多くの工程を経て制作され、デザイナー・コーダー・プログラマーなど様々な職種の方が関わります。そのため、全体像を把握してプロジェクト管理を行うWebディレクターが必要となるのです。Webディレクターの仕事は、以下のような流れで進みます。

  • 要件定義
  • プロジェクトメンバーの選定
  • スケジュールの策定
  • 進行管理
  • 品質管理

デザイナー・コーダー・プログラマー等を兼務している場合はともかく、Webディレクターが自身で制作作業を行うことは一般的に多くありません。そのため、ウェブサイト制作を行うスキルが必要だとは限りません。

ただし、プログラミング・デザイン・コーディング等の知識を持っていれば、作業者とのコミュニケーションもスムーズになるため有利です。また、アクセス解析やSEO・SEMのマーケティング知識を持つことにより、ウェブサイトを利用した集客方法について考えられるようになります。つまり、幅広い知識を持っているほど、Webディレクターとして活躍の場が広がるのです。

Webディレクターの業務は、企業さらにはプロジェクトによっても内容が異なりますが、スキル・知識に応じて以下のような業務を任せられることもあります。

  • サイトコンテンツの企画立案
  • ワイヤーフレーム設計
  • コピーライティング
  • 撮影
  • SEO施策 など

Webディレクターの仕事を検索する