> > 新卒採用と中途採用の違い

新卒採用と中途採用の違い

企業が新卒採用と中途採用を行う目的は異なります。そのため、転職活動は新卒の就職活動とは異なる考え方で進めていく必要があります。このページでは、新卒採用と中途採用の違いを説明し、どのような点を転職活動で意識するべきかをご紹介します。

新卒採用と中途採用の違い

即戦力であることを期待される中途採用

退職手続きについて新卒採用の就職活動と中途採用の転職活動は、履歴書の提出や面接といった選考の内容については、一見して大きな違いがありません。

しかし、転職活動を新卒の就職活動と同じ考え方で進めると失敗してしまう可能性が高くなります。なぜかというと、新卒の就職活動を行っていた時のあなたと、現在転職活動を行っているあなたとでは、ある決定的な違いがあるからです。その違いとは、社会人経験の有無です。

転職活動を行っている方は、前提として社会人経験があります。そのため、転職希望者に対する採用担当者の視点も、新卒の学生を見る時とでは異なります。

新卒採用で採用担当者が重視するのは、学生時代を通して身に付けた知識や志望企業への入社意欲、志望企業への適性といった部分です。それでは、中途採用で重視されるのはどういった点でしょうか。

ビジネスマナーの研修も不要であり、前職での経験を活かすことにより短期で戦力になる人材を獲得できるのが、企業にとっての中途採用実施のメリットです。つまり、企業が中途採用を行うにあたり求めているのは、即戦力の人材です。そのため、採用担当者の主な関心は、転職希望者がこれまでどのような会社で働いてきたのか、またその中でどのような業務を担ってきたのかという点です。即戦力であるかどうかを判断するために、転職希望者の職務能力が重視されます。

新卒の就職活動とは異なり、転職活動では、履歴書に加えて職務経歴書の提出を求められることが多いのも、この理由によります。

このような違いがあるため、転職活動では自身の職務能力をアピールする必要があります。志望する企業において、自身の持つスキルをどのように活用することができるか、どのように企業の成長に寄与することができるか、といった点を志望企業に伝えなければいけません。

入社への熱意ももちろん評価されるポイントではありますが、それだけだと企業にとっては新卒を採用するのと大きな差がありません。できるだけ具体的に入社後の活躍を、志望する企業にイメージさせられるように、転職活動を進めて行くことが重要です。

情報収集も自分自身で行う

新卒の就職活動では、企業による説明会も頻繁に開催されており、企業は自社に関する情報を積極的に発信しております。一方、転職フェアなどでも同様に情報発信が行われていますが、その絶対数は少なくなります。つまり、基本的には自分自身で積極的に企業の情報を収集していかなければなりません。

志望する企業に関する情報を収集しなければ、その企業の事業内容・理念・事業展開を把握することはできず、志望する企業において自身がどのような活躍をできるかアピールできません。そのため、コーポレートサイトや企業のパンフレットなど、可能な限りの情報を自力で収集して、企業への理解を事前に深めておく必要があります。

その他の違い

以上が、新卒の就職活動と転職活動で特に意識しておくべき違いです。その他にも以下のような違いがあります。

  • 転職活動では集団面接ではなく個人面接が主流。
  • 転職活動の選考期間は1ヶ月程度と、新卒の就職活動より短期間である場合が多い。
  • 転職活動の入社時期は内定後数週間〜3ヶ月程度であり、時期が定まっている新卒の入社と異なる。
  • 転職の場合、入社後の研修あったとしても短期間である場合が多い。

マイナビジョブ20'sで第二新卒ならではの転職活動を

転職活動は、新卒の就職活動とは似て非なるものです。両者の違いを意識した上で、転職活動を進めていくことが重要です。さらに、第二新卒の転職となると、20代ならではの転職活動ポイントを押さえておく必要があります。マイナビジョブ20'sでは、新卒の就職活動とは違う転職活動のポイントはもちろん、第二新卒ならではの強みを活かす方法についてもお伝えしています。多くの第二新卒の方の転職をサポートしてきたキャリアアドバイザーが、皆さまを内定から入社までをサポートします。

20代のための転職支援サービス マイナビジョブ20'sに申し込む(新規登録・無料)
マイナビジョブ20'sトップ > 20代の転職HOW TO  > 20代の転職を考える
ページの先頭へ