面接対策をする

選考過程で必ず通るポイント”面接”。誰もが一度は苦労された経験があるのではないでしょうか?しかし、面接の対策といっても何を意識してのぞめば良いのかわからない人も少なくありません。このページでは、面接の種類や注意点、用意すべきことなど、様々な角度からご紹介します。

面接対策をする - 20代若手社会人として -

もっとも大切な選考、面接

面接対策をする選考の過程でもっとも重要になるのが「面接」です。就活時に苦労された方もいると思います。企業側も面接での評価で、採用を決定すると言っても過言ではありません。特に20代の若い皆さまは、経験やスキルよりも「やる気」「人柄」「ポテンシャル」が求められます。自分の強みをしっかりと把握し、「履歴書」や「職務経歴書」など、企業側に提出した書類に記載した内容については再度確認し、自分の言葉で面接官に伝えることが大切です。

面接の種類

面接にも、さまざまな形式があります。詳しくは、キャリアアドバイザーとの面接対策で、そのノウハウをお伝えしますが、面接は、どのような形式で行なわれているかを把握し、あなた自身の言葉で、志望理由や自分の強みなどを伝えられるように準備しましょう。

個人面接 転職希望者1人に対して、面接担当者が1人または複数で行われます。面接担当者の注意が集中するため、緊張しがちですが、自分をしっかりと伝えられるように努めましょう
集団面接 複数の転職希望者が一度に受ける形式です。限られた時間の中で十分に自分をアピールできるようにしましょう。また、まわりの意見もしっかりと聞いておくことも大切です。
グループディスカッション 数人のグループで、一つのテーマについて議論します。集団の中でどのような役割を果たすタイプか、他人の意見をしっかり理解しているか、自分の意見を発表できているか、全体の意見をまとめられているか、などを見られます。
プレゼンテーション 与えられたテーマに対して発表(プレゼンテーション)を行う形式です。事業に対する提案や自分自身のアピールなど、テーマはさまざま。自分のペースでしっかりと自分の意見を伝えましょう。

面接では何を見られているのか

面接は、限られた時間内で自分をアピールしなくてはならない非常にむずかしいもの。「あれもこれも言いたい」と、気が焦ることもあるとは思いますが、まずは企業の採用担当者が転職希望者の一体何を見ているのか、大きなポイントを4つ確認しましょう。

第一印象、強み、個性

表情や身だしなみ、態度や言葉遣いなど、第一印象も重要な判断基準の一つです。さらに、応募者の「強み」がどこにあるのかを見きわめようとしています。グローバル人材としての「強み」プラスαをアピールできるように準備しましょう。

入社への意欲

ただ入りたいと訴えるのではなく、具体的な志望動機を整理して伝えることが重要です。その会社の事業や商品を知るための企業研究は不可欠です。

適性の有無

本人が希望する仕事内容と実際の仕事内容にミスマッチがないか、その仕事に合っているか、など具体的な部分を見られます。自分が前職で学んだことや経験と、希望する会社での仕事内容をきちんと理解しておくことが大切です。

人柄・その人らしさ

企業は、組織への順応性や定着できるかを見極めようとします。さまざまな質問を重ねながら、採用担当者が引き出そうとするのは、その人ならではの個性、人柄です。面接で、自分を無理やり優等生に見せようとするのではなく、自分らしさを伝えることが大切です。

マイナビジョブ20'sでは、キャリアアドバイザーによる個別カウンセリングを通し、面接対策を実施しています。人それぞれ形の違う転職活動。お気軽にキャリアアドバイザーにご相談ください。

20代のための転職支援サービス マイナビジョブ20'sに申し込む(新規登録・無料)