• 無料 新規会員登録
  • ログイン

オリエンテーションの意味や目的とは?内容や参加時の服装について紹介!

ビジネスシーンでは「オリエンテーション」という言葉が多く使われています。

転職・就職活動や、新卒入社したときなどにオリエンテーションという言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。ただ、実際にオリエンテーションについて詳しく知らないというケースも少なくありません。

そこで、この記事ではオリエンテーションの意味や目的、内容や参加時の服装について紹介します。

オリエンテーションの意味と語源

オリエンテーションとはどのような意味があるのか、内容を確認していきましょう。

オリエンテーションの意味

オリエンテーションは「orientation」と表記され、主に「方向付け」「教育的指導」などを意味する言葉です。方向付けは、物事の進路や方向性を決めること、またそれらが定まるように指導することをいいます。

教育的指導は主に学校で用いられることが多く、生徒の個性を重んじて可能性を引き出したり見出したりする指導を意味します。

オリエンテーションの語源

オリエンテーションの語源は、ラテン語の「Orient」だとされています。Orientとは、東を意味する単語です。

陽は東から昇るという理由から、かつて教会の祭壇は東に向くように設計されていました。この「東方に向ける」ことがやがて「方向付ける」という意味に変わり、「オリエンテーション」という意味を持つようになったといわれています。

オリエンテーションとガイダンスの違い

オリエンテーションとよく似た言葉に「ガイダンス」というものがあります。これらは持つ意味が異なるため、きちんと個々の意味を理解し適切な使い分けを行うことが大切です。

ガイダンスとは、端的には「まったく事情を知らない人に向けて行う説明」のことをいいます。オリエンテーションは説明を行うことは同じですが、すでに基本的なことがわかっている人に対して説明するというのが異なる点です。

つまり、説明を受ける側が初歩的な部分を理解しているかどうかが相違点となります。オリエンテーションはガイダンスよりもさらに詳しい説明という認識を持っておくと良いでしょう。

オリエンテーションの別の呼び方

オリエンテーションは場合によっては「オリエン」と呼ばれることもあります。

オリエンはオリエンテーションを省略した呼び方であり、特に若い世代で多く使われる言葉です。どちらも意味自体は同じですが、オリエンはあくまでも日本語での略称です。

正式な英語として使うことはできないため注意しましょう。

オリエンテーションの主な目的と活用シーン

ビジネスシーンではオリエンテーションを行う企業も多く、それぞれ目的も異なります。

また、活用されるシーンもさまざまです。ビジネスシーンでは主に「面接」「説明会」「業務の説明」などで活用されるケースが多くみられます。オリエンテーションを行う目的と活用シーンについて詳しく見ていきましょう。

オリエンテーションの主な目的

ビジネスにおけるオリエンテーションでは、主に「会社についての理解を深めて順応してもらう」ことを目的としています。

企業に入社する前や入社して間もないときは知識が浅い状態でしょう。このような人に向けて、オリエンテーションを通じ企業の特徴や理念を浸透させて、適応してほしいという狙いがあります。



オリエンテーションの活用シーン

面接におけるオリエンテーション

面接としてオリエンテーションが行われることがあります。その場合、企業の社員何名かと就活生の構成となり、企業や業務に関する説明および質疑応答などが行われることが一般的です。

自社に入社する可能性のある就活生を対象に、教育や指導の一環として行うオリエンテーションといえます。例文としては「新入社員獲得のため面接をかねてオリエンテーションを行う」というような形になるでしょう。

説明会におけるオリエンテーション

すでに内定済みの新入社員に向けて、入社前にオリエンテーションを行うケースも多くみられます。これはいわゆる「入社前説明会」とも呼ばれるもので、同期となる人たちとともに入社先企業の社員と顔合わせをするというものです。

入社前から企業への理解と社員との関係を深めておくことで、入社後スムーズに環境に適応できるようにするという目的から実施されます。

例文としては「新入社員を対象として企業オリエンテーションを開く」というものが挙げられます。

業務の説明におけるオリエンテーション

業務案件の説明としてオリエンテーションが開かれることもあります。

新規案件における方向性の確認や意思統一を図ることなどを目的として行われることが多いでしょう。

例文としては「新しい企画についてのオリエンテーションを始める」というような形になります。

オリエンテーションの内容と形式

オリエンテーションといっても企業によって内容や形式はさまざまです。ただ、企業の説明から始まり、最後に質疑応答の時間が設けられるという内容が一般的でしょう。

また、新入社員を対象にしたオリエンテーションは「座学形式」「ゲーム形式」などが用いられることが多い傾向にあります。それぞれどのような特徴があるのか、詳しく見ていきましょう。

座学形式

座学は企業説明として多く用いられる、ポピュラーなオリエンテーション形式です。基本的には座学で先輩社員の説明を聞くことになるでしょう。

企業によっては事業内容や規則などが記載されたテキストを配布するケースもあります。

ゲーム形式

説明を聞くことがメインとなる座学とは異なり、オリエンテーション参加者が主体的に参加する形式です。たとえば、決まったルールに沿って自己紹介を行うものなどがあります。ゲームを取り入れることで場の緊張感が和らぎやすく、親睦を深めやすい形式です。

なかには座学で説明を行ったあと、クイズでその理解度を確認するという流れでオリエンテーションを行う企業もあります。

オリエンテーションに参加するときの服装

オリエンテーションはビジネスシーンの一環として、きちんとした装いを心がけることが大切です。

ただ、いざオリエンテーションに参加するとなると、「どのような服装を選べば良いのだろうか」と悩んでしまう人も多いものです。

オリエンテーションに参加するときの服装選びのポイントと注意点について見ていきましょう。

オリエンテーションにおける基本の服装

オリエンテーションの服装は、派手にならず「清潔感のある装い」を意識することが肝心です。なお、服装の指定がない場合は、男女ともに「スーツ」を着用すると良いでしょう。

スーツは奇抜な色は避け、黒色を選ぶのが無難です。大きすぎず小さすぎない、体のサイズにきちんと合うものを選ぶとスマートに見えます。

女性の場合はスカートとパンツのどちらを選んでも問題ありません。ただし、スカートの場合は丈に注意する必要があります。スカートの丈は短すぎないものを選びましょう。加えて、スカートは座ると丈が短く見えるため気を付ける必要があります。

一度自宅でスカートを着用したまま椅子に座り、長さをチェックしておくと安心です。

オリエンテーションで指定がない場合の服装

オリエンテーションの参加にあたり、服装の指定がなかったり服装自由と記載されていたりするケースもあるでしょう。

このような場合は「オフィスカジュアル」を意識した服装にすることが基本です。男性であれば襟付きのジャケットにチノパンを合わせると、くだけすぎず真面目な印象を与えられます。女性の場合は男性と同様、襟付きのジャケットにスカートもしくはパンツを合わせたスタイルにすると無難でしょう。

色味は男女ともに黒・グレー・茶色などを基調としたものを選ぶことがおすすめです。シックな色味で統一すると、ビジネスシーンにふさわしい落ち着いた装いになります。

服装選びのポイント

身だしなみは社会人のマナーであり、インナーや小物まできちんと気を配ることが大切です。

  • シャツは男女ともに白色を選ぶ
    シャツは男女ともに白色を選ぶと無難です。場合によっては薄い青やグレーなどを選ぶのも良いでしょう。

    また、男性の場合はネクタイの選び方にも気を付けましょう。色はえんじやネイビーなどが定番です。柄はシンプルなドットやストライプなどを選べば派手になりすぎません。無地を選ぶのも良いでしょう。
  • 靴は男性は黒のプレーントゥ、女性はヒールの高くないパンプスを選ぶ
    靴は男性の場合黒のプレーントゥ、女性の場合ヒールの高くないパンプスを選ぶと失敗がありません。

    ヒールの高いパンプスは歩き疲れる原因になるため避けるようにしましょう。色は黒や茶色などがおすすめです。
  • カバンはA4サイズの大きさが基本
    カバンはA4サイズの大きさを選ぶことが基本です。オリエンテーションでは資料を配られることも多いため、小さすぎるカバンは選ばないようにしましょう。黒色や茶色など落ち着いた色味を選ぶとビジネスシーンでも浮きません。

    就活時に使っていたカバンがあれば、それを使ってもマナー的に問題はないでしょう。

服装選びの注意点

オリエンテーションに臨む際の服装として、いくつか注意しておきたいことがあります。まず、「派手なデザインやブランドものは避ける」ことです。派手なデザインやブランドものは悪目立ちする原因につながります。

派手な人柄という印象を与えてしまうおそれがあるため、避けるようにしましょう。加えて、「露出が多い服装」に気を付ける必要があります。服装自由だからといって、どのようなものを選んでも良いという訳ではありません。肌が多く露出する服装はビジネスシーンにそぐわないため、選ばないようにしましょう。

そのほかにも、「カジュアルすぎる服装」にも注意が必要です。Tシャツやジーンズ、短パンのようなカジュアルすぎる服装は避けましょう。

普段履いているラフなサンダルやスニーカーなども、オリエンテーションの際は着用しないことが大切です。さらに、「シミや汚れのついた服は着ない」ようにしましょう。清潔感のない服装はだらしない印象を与えてしまいます。

服装選びの際はデザインや色味だけではなく、きちんとシミや汚れなどもチェックしましょう。シワがある場合はアイロンがけを忘れずに行うことも重要です。

意味や目的を理解し自信を持ってオリエンテーションに臨もう!

オリエンテーションに参加したことがないと、内容や目的がわからず不安になるものです。

あらかじめ目的を理解しておくことで、オリエンテーション参加時により有意義な時間を過ごすことができるでしょう。また、オリエンテーションは服装選びが重要であり、ビジネスシーンにふさわしい装いを心がける必要があります。

紹介したポイントを押さえて、自信を持ってオリエンテーションに臨みましょう。

サービスについて

マイナビジョブ20'sは、マイナビグループ唯一の20代専門転職サービスです。面接対策・書類添削・求人紹介・適性診断など、充実した体制で皆さまの転職活動をフルサポートいたします。

セミナー案内

一覧を見る

マイナビジョブ20'sでは書類作成のコツや、業界・職種を理解する相談会などの無料イベントを数多く開催しています。東京・名古屋・大阪に拠点を設けているので、お気軽にご参加ください。

20代・第二新卒・既卒向けの転職支援ならマイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、20代・第二新卒・既卒向けの転職エージェントです。
マイナビグループだからできる、良質な求人情報と人材紹介会社ならではのプロのキャリアアドバイザーが、個別キャリアカウンセリングや面接対策であなたに最適なお仕事をご紹介。
求人企業様から依頼を受けている求人も全て「20代の若手社会人」を必要としている求人となります。お気軽にご相談ください。

マイナビジョブ20'sに申し込む