プロジェクトマネージャーとは?求められる役割・仕事内容・スキルを紹介!

WebやIT関連の業界で耳にする機会も多い「プロジェクトマネージャー」という言葉。ただ、実際にプロジェクトマネージャーとはどのような仕事なのか、詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではプロジェクトマネージャーの概要や求められる役割、必要なスキルや資格の必要性について解説します。

そもそもプロジェクトマネージャー(PM)とは?役割について

そもそもプロジェクトマネージャーとはどのようなものなのか、概要や求められる役割、プロジェクトリーダーとの違いについて見ていきましょう。

  • プロジェクトマネージャーとは
    プロジェクトマネージャーとは、簡単にいうとプロジェクトの全体を把握し、進行管理を行う人をいいます。

    プロジェクトにおける予算や品質、また納期や成果物についてすべての責任を担う役職です。
  • プロジェクトマネージャーの役割
    プロジェクトマネージャーはプロジェクト全体を見通したうえで意思決定を行い、期日までに成果物を完成させるようマネジメントすることが主な役割となります。

    そのためにプロジェクトに必要な人材を選定してチーム編成を行い、プロジェクト達成に必要な資材や費用などを確保する必要があります。その計画をもとにプロジェクトを遂行し、成果物を完成させることが使命です。
  • プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの違い
    プロジェクトマネージャーと混同されがちな仕事にプロジェクトリーダーというものがあります。両者は担う役割が異なるため、きちんと違いを理解しておくことが肝心です。

    まず、プロジェクトマネージャーは前述したように、「プロジェクト全体の管理」が主な役割となります。一方、プロジェクトリーダーは「現場の管理」が主な役割です。プロジェクトマネージャーはプロジェクトを俯瞰的に把握し、円滑に進行するようマネジメントする必要があります。

    一方、プロジェクトリーダーは「現場管理」が主な役割です。プロジェクト成功のために適切な指示を出し、チームをまとめる役割を担っています。このように、プロジェクトにおける全体的なマネジメントの必要性の有無が主な違いといえるでしょう。

プロジェクトマネージャーの仕事内容

プロジェクトマネージャーの仕事は多岐にわたります。そのなかでも、主な仕事内容には以下のようなものが挙げられます。

計画の策定

顧客と話し合いをして、プロジェクトをどのようなものにするのか決めていきます。丁寧にヒアリングし、顧客の要望をきちんと汲み取る必要があるでしょう。

たとえば、システム開発であればシステムの構造や求める機能、規模や予算なども話し合います。また、開発におけるスケジュールの打ち合わせも必要です。

チーム編成

顧客の要望を洗い出しプロジェクトが決定したら、その目的を達成するための人材を確保していきます。プロジェクトチームを編成し、プロジェクトを遂行できる設備や環境を整えます。

なお、編成が済んだ場合はチームメンバーにプロジェクトの目的・スケジュール・納期などの情報共有が必要です。

プロジェクトの進捗管理

プロジェクトを円滑に進めるため、メンバーの働きや全体の仕事の流れを管理します。なお、顧客の要望や決定事項に変更があった場合の対処も随時求められます。

メンバーへの連絡や各セクションの進行状況の確認が必要です。プロジェクトのスケジュールに狂いが生じないよう、徹底した管理が求められます。何らかの問題が発生した場合、顧客との話し合いや調整も担当します。

メンバー間の対人関係サポート

複数人で一つの成果物を完成させるプロジェクトでは、何かと意見の対立が起きやすいものです。チーム内の人間関係が悪いと、プロジェクトの進行にも影響を及ぼすおそれがあるでしょう。

円滑にプロジェクトを進めるため、チーム内の人間関係構築をサポートすることも重要な仕事のひとつです。何らかのトラブルが発生した場合は積極的に手助けするなど、サポートが求められます。

プロジェクトの評価

無事成果物が完成しプロジェクトが終了したあとは、業務を振り返って評価を行います。案件における問題点や改善点を洗い出し、検証する必要があるのです。

なお、プロジェクトマネージャーは予算やスケジュールなども自身で決められるケースが多く、経営者視点での振り返りや評価を行うことが重要になります。

プロジェクトマネージャーに求められるスキル

プロジェクトマネージャーは社内だけではなく、社外の人と接する機会も多い仕事です。プロジェクトの立案から全体管理、チームのサポートや顧客との交渉など、さまざまな業務に携わることになり幅広いスキルが求められます。プロジェクトマネージャーとして活躍するために必要なスキルとは何か、具体的に見ていきましょう。

リーダーシップ

プロジェクトは一人ではなく複数人で動かすものといえます。だからこそ、チーム一丸となり、同じゴールに向かって業務を進めていく必要があるのです。

プロジェクトマネージャーはチームメンバーとの議論や話し合いの場において、リーダーシップを発揮することが求められます。チームの先頭に立ち、メンバーを率いていくスキルが必要です。

マネジメントスキル

プロジェクトマネージャーにとって管理能力は欠かせないスキルといえます。プロジェクトマネージャーはプロジェクトの全体的な動きから、個々のメンバーの進捗まですべてを管理しなければなりません。進捗状況を適宜確認しつつ、最適な配置やフローを設計する必要があります。

また、プロジェクトでは予算やスケジュールなどの把握、仕様変更や契約書の管理も担うなど、幅広い範囲のマネジメントを行うことになります。

交渉スキル

プロジェクトマネージャーは基本的に、プロジェクトの計画を策定し、ゴールに向かって実行・管理を行うことになります。しかし、場合によっては途中で顧客側から計画の変更を求められるケースもみられます。

たとえば、ソフトの開発・テストなどの段階で、顧客側から機能追加や仕様変更を要求されるケースも少なくありません。それ以外にも、実際に現場で計画を進めていくうえで問題が生じ、メンバーから変更や軌道修正について相談されることもあります。

プロジェクトマネージャーはこのような調整が必要なシーンも多く、交渉スキルが必要になるのです。極力大きな変更とならないように調整を行ったり、顧客やメンバーが納得できる代替案を提示したりする能力が求められます。不測の事態にも冷静に対処し、プロジェクトを成功へと導くスキルが必要です。

コミュニケーションスキル

プロジェクトを計画的に進めるためには、顧客のニーズを把握することが重要です。なおかつ、そのプロジェクトを実行するチームメンバーを編成し、良好な関係を築く必要があるでしょう。

プロジェクトマネージャーは社内・社外問わず多くの人とやり取りをするため、コミュニケーションスキルは必須といえます。会議進行を主導する立場でもあるため、周りの人の話をよく聞き、そのうえで自身の考えを明確に伝えられる能力が必要です。

アーキテクトスキル

システムは複雑化しており、さまざまな組み合わせが考えられるようになっています。プロジェクトマネージャーは顧客のニーズに合うパフォーマンスができるよう、システムを適切に選び構築する能力が必要です。そのためには、多角的な視点で比較し、最適な結論を出すシステム構造への理解が求められます。

プロジェクトマネージャーになるために資格は必要?

プロジェクトマネージャーとして働くにあたり、「資格は必要なのか」と疑問を持つ人もいるでしょう。結論からいうと、プロジェクトマネージャーとして働くために特別な資格は必要ありません。

とはいえ、プロジェクトマネージャーの仕事には多くの知識やスキルが求められます。その知識や実力を証明するため、関連する資格を取得しておくのも良いでしょう。関連資格には、以下のようなものがあります。

プロジェクトマネージャー試験

プロジェクトマネージャー試験とは経済産業省所管、独立行政法人の情報処理推進機構(IPA)が認定するものです。

情報処理技術者試験のひとつであり、マネジメントにおける一定水準以上の高度な知識・技能を問われます。合格によってシステム開発プロジェクトにおけるマネジメントスキルを証明できます。難関試験ともいわれており、就職・転職時の際にも評価を受けやすい資格です。

ITストラテジスト試験

ITストラテジスト試験は独立行政法人の情報処理推進機構(IPA)が認定するものです。情報処理技術者試験のひとつであり、合格によってプロジェクトを統括するスキルを証明できます。

主に情報技術を活用した基本戦略の策定、プロジェクトを推進するための知識やスキルについて問われます。

応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は独立行政法人の情報処理推進機構(IPA)が認定するものであり、合格によって高度IT人材に必要な知識・スキルを有することを証明できます。

主に、高度IT人材に求められるシステム設計・開発・運用のスキル、管理能力・経営に関する知識が問われます。プロジェクトマネージャー・ITストラテジストなどの試験などと比較すると、難易度がやや低い傾向です。

P2M資格試験

P2M資格試験は日本プロジェクトマネジメント協会が認定するものです。なお、P2Mはプログラム&プロジェクトマネジメントの略称です。

主に、プロジェクトマネージャーに必要な体系的なスキルが問われます。試験合格によって、プロジェクトマネージャーに必要な知識やスキルを有する証明として活用できます。ITをはじめ、製造や建設など幅広い業界の人が受けている試験です。

PMP試験

PMP試験はアメリカの非営利団体であるPMIが認定する、プロジェクトマネジメントに関する国際資格です。プロジェクトの立ち上げ・計画、実行・管理といったマネジメントにおける一連の知識やスキルを問われます。さまざまな国において、プロジェクトマネジメントスキルを評価する基準とされている資格です。

必要なスキルを把握しプロジェクトマネージャーとして活躍しよう!

プロジェクトマネージャーは開発の現場で重要な役割を果たす仕事です。プロジェクトの計画からメンバーの編成、予算やスケジュールの決定など、幅広い業務を担当します。

円滑にプロジェクトを遂行するため、リーダーシップの発揮や適切なマネジメントが求められます。プロジェクトマネージャーは大変ではあるものの、やりがいの大きい仕事です。必要なスキルを身に付け、プロジェクトマネージャーとしての活躍を目指しましょう。

では

専任キャリアアドバイザーが個別キャリアカウンセリングによって
あなたに最適なお仕事をご紹介します。

 

【無料】お申込みはこちらから

転職時期はいつ頃でお考えですか?

サービスについて

マイナビジョブ20'sは、マイナビグループ唯一の20代専門転職サービスです。面接対策・書類添削・求人紹介・適性診断など、充実した体制で皆さまの転職活動をフルサポートいたします。

セミナー案内

一覧を見る

マイナビジョブ20'sでは書類作成のコツや、業界・職種を理解する相談会などの無料イベントを数多く開催しています。東京・名古屋・大阪に拠点を設けているので、お気軽にご参加ください。

20代・第二新卒・既卒向けの転職支援ならマイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、20代・第二新卒・既卒向けの転職エージェントです。
マイナビグループだからできる、良質な求人情報と人材紹介会社ならではのプロのキャリアアドバイザーが、個別キャリアカウンセリングや面接対策であなたに最適なお仕事をご紹介。
求人企業様から依頼を受けている求人も全て「20代の若手社会人」を必要としている求人となります。お気軽にご相談ください。

マイナビジョブ20'sに申し込む