人と関わらずに働きたい人必見!おすすめの職種やメリット・デメリットとは

会社にはいろんな人が働いているので、どの職場でも大なり小なり人間関係のトラブルや考え方のすれ違いはあるものです。実際に、職場でのストレスの原因や退職の理由として人間関係のトラブルを挙げている人は少なくありません。

そこで、この記事では、できるだけストレスを抑えて働くためにも人と関わらない仕事に就きたいと考えている人に、おすすめの職種や人との関りが少ない仕事のメリットやデメリットについて解説します。

人間関係に悩むことは珍しくない!

立場や考え方が異なる他人と接するのは、多かれ少なかれ気を遣うものです。いろいろな人が集まり構成されている会社には上司と部下の上下関係や、考え方が似た人同士で集まる派閥など、人と人との間に複雑な関係が生じている場合もあります。

また、職場でストレスを感じる原因は仕事を通してだけではありません。たとえば、お昼休みやランチの付き合いに気疲れしている人もいるでしょう。さらに、歓迎会や忘年会など業務時間外の飲み会の付き合いを負担に感じている人も少なくありません。

なかには、同僚から無視やいじめのような子供じみた嫌がらせを受けているケースもあります。無視などをされたとき、プライベートの付き合いであれば交流を切ったり気にしないようにして済ませたりできる場合もありますが、仕事では連絡や相談がある場合に関わらないでいると業務に支障が出て大変です。

このように会社には関わらざるを得ないさまざまな人との付き合いなどがあり、それが原因で辛い思いをすることもあります。もともと人付き合いが苦手であれば、職場に馴染もうとするだけでも大きなストレスです。

ちなみに、「人付き合いが苦手な人」と一言でいってもタイプはさまざまあります。たとえば、他人に自分を合わせることを得意としない人もいればコミュニケーション能力に自信がない人もいることでしょう。また、一人で過ごすことが好きな人も他人との付き合いにストレスを感じやすいものです。

このようなタイプの人のなかには職場で実際に嫌な思いをした経験がある人もいて、人間関係にトラウマを感じているケースもあります。一度トラウマができてしまうと、どれほど楽しい仕事をしていても職場はストレスを生む場所です。

実際に人との関わりのなかでストレスや悩み、トラブルが生じたときには、仕事のためと思って我慢したり割り切ったりする方法もあります。

しかし、正社員などで働くと仕事によるストレスは一時的なものではありません。我慢することが解決策とならず、健康に悪影響を与えることもあるため要注意です。

場合によっては、自分の心身のためにも別の方法を探ることが必要となります。たとえば、人との関わりがあまりない仕事に転職する方法も解決策のひとつです。


人との関わりを最小限に抑えてできる仕事は増えている!

組織で働くうえで全く人と関わらないでできる仕事はありません。どのような仕事でもあらゆる作業が積み重なって結果が生まれます。作業と作業の間には必ずつながりがあるため、担当者間で連絡や報告、質問などのコミュニケーションを取ることは必要です。

また、自分に課せられた作業を完結したら上司に報告したり、部下に指示を出したりなど上下関係のなかでもコミュニケーションを取らなければならないシーンはいろいろあります。

ただし、人との関わりの度合いは仕事によってさまざまです。たとえば、接客業であればお客さんと顔を合わせて初めて成り立つ仕事であるため人と関わることは避けられません。

ものを販売する仕事やサービスを提供する仕事などのほか、営業などを担当した場合も人と多く関わります。これらの仕事はお客さんに直に接して反応を見たうえでニーズをくみ取ることが重要となるからです。

また、美容師などのように直接会わないとサービスを提供できない仕事もあります。

しかし、一方で、人との関わりを最小限に抑えてできる仕事もあります。特に技術的な進歩や社会情勢を受けた新たなニーズにより人との関わりが少ない仕事は増えている傾向です。

これまでにはなかった新しい職種も登場しています。たとえば、出社して上司や同僚などと顔を合わせる必要がない在宅勤務の仕事もそのひとつです。通信インフラなどの技術的な進歩で可能となったテレワークを導入する会社が新型コロナウイルス感染症の感染拡大により増えています。

遠隔会議などビジネスのオンライン化が進みテレワークが企業に多く導入されたことによって、在宅でできる仕事への注目も上昇中です。

また、在宅ではなくても、ほかの人との協力が不要で一人で完結できる仕事であれば人との関わりを多く持たずに働けます。

完全に人と接しないでできる仕事は少ないため、お客さんの対応が苦手な人はお客さんとの関りがない仕事を、社内での人付き合いが苦手であれば社員同士の関わりが少ない仕事を選ぶとよいでしょう。

お客さんなど社外との関わりが少ない仕事3選

仕事上での人との関わりのなかで苦痛に感じるケースが多いのが顧客対応です。お客さんのなかには無茶な要求をしたり、理不尽なクレームをつけたりする人もいます。

また、もともと他人と話すことを苦手とする場合には接客中や商談などで会ったときに交わす会話自体にストレスを感じる場合もあることでしょう。そこで、ここでは、お客さんと関わる機会が少ない仕事を3つ紹介します。

経理

経理は会社のお金の流れや資産などを管理する仕事です。管理するのは従業員の給与や交通費、経費、売り上げや仕入れに関わるお金、会社の決算書など社内に関わるものばかりです。

社外の人と関わりのあるものとして領収書や請求書も扱いますが、会社の規模によるものの通常、経理の人間が社外の人に直接領収書などの受け渡しや請求を行うことはありません。

研究職

研究職は社内の他部署とのコミュニケーションや関係機関との協力が求められるシーンはあるものの、一般的な接客業務は必要としない仕事です。

新しい技術や知識を生み出すために研究を行うことが仕事で、多くの場合、社内などに用意されている研究室のような場所で日々業務に打ち込みます。研究職と混乱しやすい職種に開発職がありますが、開発職は研究職の人たちによって生み出された新しい技術や知識を使って新たに製品を作ることが仕事です。

開発したものを製品化するためには外部からの情報を得ることが必要となり、研究職と比べて社外のお客さんなどと接する機会は多くなります。そのため、開発職ではコミュニケーション能力が高く、人と接することへの拒否反応がない人に適した仕事です。

事務職

事務職と一言でいっても担当する仕事はさまざまですが、人事事務や労務事務は社員に関わる事務処理を行うため、接客はほとんどありません。

入社した社員の諸手続きや勤怠管理、社会保険の手続きなどを行うことが仕事だからです。また、社内の備品管理などを行う総務事務も、一部の外部業者とやり取りをする以外の接客は少ない仕事です。

対して、同じ事務職でも、会社の窓口として電話や来客応対なども行う一般事務や営業のサポートをする営業事務は外部との関わりも比較的多くあります。

社員同士の関わりが少ない仕事3選

同じ会社で勤務を続ける限り付き合いが続くことを考えると、社内の人には社外の人よりも余計に気を遣ってしまって過剰に気疲れする場合もあるでしょう。

また、同じ仕事に関わる社員同士だからこそ生じるトラブルも実際に少なくありません。そこで、ここでは、社員同士の関わりが比較的少ない仕事を3つ紹介します。

工場勤務

工場では通常一人で黙々と作業を進めます。人との関わりが多くなるのは仕事を覚えるまでの間です。一度仕事を覚えてしまえば、多少の指示のやり取りはあるものの、特別なことでもない限り、ほかの人と相談したり連絡を取り合ったりする必要はありません。

機械を相手にする仕事で単純作業だからです。また、担当する作業が決まっていて勤務時間中はその作業に集中しなければならないことも、人との関わりが少ない理由として挙げられます。ほかの社員とコミュニケーションを取る機会がほとんどない仕事であるため、工場は人との関わりが苦手な人でも働きやすい環境です。

特別なスキルや資格を必要としない仕事が多いため、ほかの業界からの転職や初めての就職でもチャレンジしやすい点も魅力です。

ドライバー

荷物の配送を行うドライバーは荷物を出荷所で受け取り配達先まで車で届けることが仕事です。

配達先までの移動は基本的に一人で運転します。長時間の運転が必要な場合でも、ほかの社員と一緒に過ごすことがないため、人との関わりが苦手な人にとっては気が楽です。

ビルのメンテナンス業務

ビルのメンテナンスはビルの清掃や修理などを行うことが仕事です。会社によってはチーム制を取り入れているところもありますが、持ち場を与えられたら、それぞれが一人で作業を行う方法を取っている会社も多くあります。

そのような場合には、自分の持ち場の仕事さえ終われば業務は終了となるため、ほかの人に気を遣わず自分のペースで進めることも可能です。

人との関わりが少ない仕事の実態とは?メリットとデメリットを紹介

メリット

人と関わらない仕事をすると人間関係のトラブルに巻き込まれることも少なくなり、日々のストレスを抑えることができます。

人付き合いにおけるさまざまなしがらみにとらわれることなく、仕事にだけ専念できるため不要な気苦労もありません。また、自分のペースで仕事を進められる点も人と関わらない仕事のメリットです。

ほかの人のペースを気にしながらの仕事は気疲れするばかりか、作業効率を下げる場合もあります。自分が思うように仕事を進められないことは、ときに大きなストレスとなるものです。

デメリット

仕事によっては将来的な仕事の安定が不安視される場合もあります。人間関係が不要な仕事は単純作業のものが多く、いずれ機械化される可能性もあるからです。

技術の進化によってロボットなどに仕事を取られるリスクがほかの仕事に比べて高くなります。また、人との関わりのなかで新たなことを学んだりチャンスを広げたりできることも仕事には多く、業務によってはキャリアアップの可能性を狭めてしまう場合がある点もデメリットになるでしょう。

将来的にキャリアアップを望むなら、人と関わらなくてもスキルアップできる方法を見つけたり、人との関わりが影響しない仕事を上手に選んだりすることが必要となります。

「マイナビジョブ20's」では貴方に最適なお仕事を紹介します

マイナビジョブ20'sは、20代・第二新卒・既卒向けの転職エージェントです。

マイナビグループだからできる、良質な求人情報と人材紹介会社ならではのプロのキャリアアドバイザーが、個別キャリアカウンセリングや面接対策であなたに最適なお仕事をご紹介いたします。お気軽にご相談ください。

では

専任キャリアアドバイザーが個別キャリアカウンセリングによって
あなたに最適なお仕事をご紹介します。

 

【無料】お申込みはこちらから

転職時期はいつ頃でお考えですか?

サービスについて

マイナビジョブ20'sは、マイナビグループ唯一の20代専門転職サービスです。面接対策・書類添削・求人紹介・適性診断など、充実した体制で皆さまの転職活動をフルサポートいたします。

セミナー案内

一覧を見る

マイナビジョブ20'sでは書類作成のコツや、業界・職種を理解する相談会などの無料イベントを数多く開催しています。東京・名古屋・大阪に拠点を設けているので、お気軽にご参加ください。

20代・第二新卒・既卒向けの転職支援ならマイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、20代・第二新卒・既卒向けの転職エージェントです。
マイナビグループだからできる、良質な求人情報と人材紹介会社ならではのプロのキャリアアドバイザーが、個別キャリアカウンセリングや面接対策であなたに最適なお仕事をご紹介。
求人企業様から依頼を受けている求人も全て「20代の若手社会人」を必要としている求人となります。お気軽にご相談ください。

マイナビジョブ20'sに申し込む