> > 職務経歴書の書き方(テンプレート無料ダウンロード)

職務経歴書の書き方
-20代若手社会人として-

職務経歴書は、それぞれの経験によっても、世代によっても書き方が変わってきます。特に経験の少ない20代は、何を一番意識して書けば良いのでしょうか?このページでは、20代に必要な職務経歴書の書き方を簡潔にご紹介。職務経歴書のテンプレート(Word、Excel、PDF)も無料ダウンロードできますので、ご活用ください。

イメージ

企業は20代が作成する職務経歴書のどこを見ているのか?

20代若手社会人の転職の場合、企業は皆さまの経験やスキル以上に「やる気」「人柄」「ポテンシャル」を重視します。「素直か?」「謙虚か?」「明るい性格か?」「積極的に行動できるか?」このような視点で採用担当者は選考を行っていきます。職務経歴書を書く際は、決して良く見せようとするのではなく、ご自身のありのままの姿勢で、「何に打ち込み、どんな成果を出すことができたのか?」をわかりやすく記入していきましょう。

職務経歴書の書き方

職務経歴書を記入する時の注意点を、参考例と共にご紹介します。企業の採用担当者にしっかりと内容が伝わるよう丁寧に書きましょう。

履歴書 イメージ

No1

【経歴要約】

20代若手社会人の転職の場合、企業は、皆さまの経験やスキル以上に「やる気」「人柄」「ポテンシャル」を重視します。職務経歴書では、キャリアを端的にわかりやすく記入すると同時に、目標達成のために「掲げた目標設定」「一番努力したこと」「特に工夫したこと」「常に意識して取り組んでいたこと」などを、ご自身の性格や長所と交えてアピールすると良いでしょう。

No2

【職務経歴】

会社概要は、細かく正確に記入します。「事業内容」「従業員数」「設立年」「売上高」「資本金」を記載しておくことで、採用担当者は20代の皆さまがどんな会社で仕事をしていたのかというイメージが湧きやすくなります。

No3

【職務経歴詳細】

職務経歴書では、担当職務をただ羅列するのではなく、キャリアを以下の項目に沿って整理し記入します。

  1. いつからいつまで(期間)
  2. 何を(商材・サービス・プロジェクト)
  3. 誰に(顧客・見込みユーザ)
  4. 誰と(個人・チーム)
  5. どのように(手法・ノウハウ)
  6. 実績(成果)をあげることができたのか?

成果を説明する場合には、必ず数字を記載するようにしましょう。また、数字を記載する場合には、「何人中の何位だったのか?」「平均的な予算達成率はどの程度だったのか?」ということを明確にすることで客観的な指標となり、より採用担当者に伝わりやすくなります。

No4

【資格・スキル】

取得した資格・免許についてはすべて記入します。採用担当者により伝わりやすいようどの程度使えるか、業務の中でどのように使っていたのかを記入しておくとよいでしょう。また、取得はまだでも「〇〇〇〇1級取得を目指して勉強中」などと書くのも職務経歴書ではアピールになるでしょう。

No5

【自己PR】

「企業が求める人物像」と「自分のやる気・長所・経験・スキル」がマッチしているからこそ「企業に貢献できる」ということでアピールに繋がります。キャリアアドバイザーに相談しながら、20代の客観的な自分を分析し、採用担当者が求めている形に柔軟に表現を変えていきましょう。また、30代以降の中途採用ではそれほど評価されない学生時代の経験も、20代若手社会人の場合は、就活時と同様に重視されることがあります。仕事に対する価値観や転職後にやりたいことと結び付けて、PRとして有効活用しましょう。

職務経歴書テンプレートダウンロード(記入例あり)

下記からお好きなフォーマットの職務経歴書テンプレートをダウンロードしてご利用ください。

営業職用 職務経歴書サンプル Word形式 PDF形式
非営業職用 職務経歴書サンプル Word形式 PDF形式

職務経歴書の作成ポイント

職務経歴書は、第一印象で決まる

転職希望の方々は、誰もが職務経歴書を書く際、できるだけ多くの実績や自己PRをつめ込みたいという気持ちがあると思います。しかし、連日のように職務経歴書を目にしている企業の採用担当者に、その内容を全てじっくり読んでもらえるとは限りません。

人は書類を手にした時、「第一印象」でその書類を読みたいか読みたくないかを判断するものです。それは、視界に最初の情報が入ってから"5秒"もかからないと言われているほど。読み手のシチュエーションをイメージし、ただ文章や単語を盛り込むのではなく、パッと見た時に、それぞれの項目がどこに記入されているかすぐにわかるように、"明確な言葉で端的に"表現するように心がけましょう。

自分の経験と転職先との共通点を見出す

先述したとおり、職務経歴書は、「自分のこれまでの経験や実績が、転職先でも十分に活かすことができる」ということが、わかりやすく記載されていることが重要なポイントです。特に「営業職から事務職へ」など、未経験職種へ転職されるケースは、営業職の中で経験してきた事務的な要素を多く盛り込むことによって、採用担当者も今後一緒に働くイメージを持つことができ、職務経歴書から受ける印象がぐっとより良くなります。さらに言えば、実際のエピソードを通してアピールすると、より採用担当者は具体的なイメージが沸きやすくなるでしょう。

職務経歴書の注意点まとめ

  • 自己PRが特に長くなる傾向があります!PRしたい点を1〜2つに絞りましょう。
  • 自分のしたいことよりも、「入社後、自分がどう役に立つのか」を、できるだけ具体的にしましょう。
  • 将来の夢や目標は、達成したい時期を明確にしましょう。
    (例:〇〇年〇月までに、〇〇資格1級を取得)
  • 空欄が目立つのも印象はよくありません。
    文字数を減らすのと同時に、全体的にバランス良く記述しましょう。
  • 誤字脱字は言語道断!
    3回以上は見直し、できれば第三者にも確認してもらいましょう。

職務経歴書は、ライバルと差をつけるためにも大切な書類であり、希望する企業や職種によって書き方を変えなくてはならない非常に難しいもの。それが初めての転職活動であれば、なおさら感じることでしょう。分からないことも多くあるかとは思いますが、20代での転職活動が納得のいく形で終われるよう、まずは私たちマイナビジョブ20'sのキャリアアドバイザーにご相談ください。二人三脚で頑張っていきましょう!

履歴書のポイントを抑えよう! マイナビジョブ20's
マイナビジョブ20'sトップ > 20代の転職HOW TO  > 職務経歴書の書き方(テンプレート無料ダウンロード)
ページの先頭へ