転職Q&A

第二新卒として転職するために、特別なスキルを身につけるべきか?

無理にスキルを身につけようと考える必要はありませんが、転職活動を進める上で一つの武器にはなり得ます。自分のスキルを磨く意識は持っていましょう。

社会人経験の浅い第二新卒において、際立った実績を残しているケースはそれほど多くないかと思います。そのため、せめて専門的なスキルを身につけて、転職活動を有利に進めようと考える方もいます。

確かに、第二新卒の転職活動において、何かしらのスキルを持っていることが有利になる可能性は十分にあります。一方で、スキルを持っていないとしても、そのことを過剰には気にする必要はありません。

というのも第二新卒の採用を行っている企業は、転職希望者の成長性といったポテンシャルの部分を重視するためです。企業は、第二新卒に対して即戦力であることを期待しながらも、育てていく意識を持った上で採用するケースが多くあるのです。つまり、必ずしも現時点で特別なスキルを持っていることを強く求められません。

ただし、社会人経験の浅い第二新卒だからこそ、その中で何かしらの専門的なスキルを持っていると、周囲から頭一つ抜けるとも考えられます。さらに、自らの意志でスキルを身につけようという姿勢についても、あなたのポテンシャルを図る上で企業は高く評価するでしょう。つまり、特別なスキルを身につけていること・身につけようとしていることは、転職活動を進めていく上で一つの武器にはなり得ます。

自分にスキルがないからといって、無理にスキルを身につけようと考える必要はありませんが、スキルを持っていること自体がマイナスに働くことはまずありませんので、自分のスキルを磨く意識は持っていましょう。