プライオリティとは?ビジネスシーンでの意味や使い方について解説

ビジネスシーンにおいて、使われることも多いのが「プライオリティ」という言葉です。

ただ、何となく耳にしているだけで、プライオリティという言葉の意味までは知らないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではプライオリティの意味やビジネスシーンにおける具体的な使い方、関連する言葉について解説します。

ビジネスにおけるプライオリティの意味とは?

ビジネスシーンで見聞きする機会も多いプライオリティとは、どのような意味があるのでしょうか。

ここでは、プライオリティについて詳しく見ていきましょう。

プライオリティの意味

プライオリティは英語で「priority」と表記され、それを日本語読みしたものです。主に「優先順位」「優先権」などを意味して使われます。日本で新たに意味が加わったものではなく、英語の「priority」の意味をそのまま使う形となります。

プライオリティが使われるシーン

プライオリティは優先順位という意味合いで使われることが多く、主に急ぎの仕事があるシーンなどで多く用いられます。

優先順位という意味でプライオリティという言葉が使われる場合は、「高い」「低い」と表現されることが一般的です。

つまり、「プライオリティが高い」とは優先順位が高いこと、「プライオリティが低い」とは優先順位が低いという意味になります。また、ビジネスシーンにおける交渉・入札などの場面では「優先権」の意味合いとして多く活用されます。

プライオリティの由来

プライオリティの語源には諸説ありますが、経緯としては仕事を進めるうえで言葉を濁す意味で使われるようになったのではないか、と推測されています。

仕事ではマルチタスクをこなさなければならないシーンも多いものです。

このようなとき、上司が部下に向けて「その仕事は後でやってほしい」と指示しなければならないこともあります。

しかし、その指示をそのまま口にしてしまうと、ややきつい印象を与えてしまうおそれがあるでしょう。そこで、「その仕事はプライオリティ低めでお願いします」のように、言葉をやわらかい印象にするため使われるようになったのではないか、という見方があります。

プライオリティの重要性

複数の業務を同時進行することも多い現代のビジネスにおいて、プライオリティは非常に重要なものだとされています。

複数のタスクを進行しなければならない場合、どれを優先しどれを後回しにするのか、最初に優先度を決めておく必要があるでしょう。

このプライオリティを決める作業こそが、仕事を円滑に進めるうえで欠かせないものなのです。仕事の優先順位を決めることができれば、業務効率化を目指せます。

反対に、プライオリティの見極めを間違えてしまうと、業務効率が下がったり生産性の低下を招いたりする原因につながります。

プライオリティを確定すれば、業務スケジュールが安定し大きな遅れも生じにくくなるでしょう。業務が重なり時間の余裕がないときほど、プライオリティをしっかりと見極めて仕事をこなすことが重要です。

プライオリティの決め方

プライオリティを決めるためには、「重要度」と「緊急性」から判断することが基本です。優先順位は大きく4つに分けられ、高いものから順に「重要かつ緊急性が高い仕事」「重要度は低いが緊急性が高い仕事」、「緊急性はないものの重要度が高い仕事」「重要度も緊急性も低い仕事」となります。

なお、緊急性と重要度のどちらを優先するかによって、順位が変動することもあります。一般的には緊急性が高い仕事が優先されますが、重要な仕事により多くの時間をかけて取り組むという意見もあるため、都合に合わせて柔軟に対応する必要があるでしょう。

また、プライオリティを決める際は、TODOリストを活用することも良い方法です。

ツールを使ってタスクを可視化することで、優先順位を守って仕事を遂行できます。

プライオリティを明確にするメリット

プライオリティを明確にする大きなメリットは、作業効率の向上が見込めることです。業務には優先順位が存在します。

多忙な場合、プライオリティの高い業務を後回しにしてしまうこともあるでしょう。

すると、ほかの業務が滞る原因になったり、後々大きな問題に発展してしまったりするリスクがあります。優先順位を付けて明確化することで、作業効率の向上を図れます。その結果、タスク管理がスムーズになり、時間を有効活用できるようになるでしょう。

プライオリティの対義語

プライオリティの対義語として、「posteriority(ポスティアリオリティ)」が挙げられます。

ポスティアリオリティは「劣後」「後回し」などの意味を持つ言葉です。おおむね「後に位置する」などの物理的な意味合いで活用されます。

プライオリティとプライマリーの違い

プライオリティと似ているものに「primary(プライマリー)」という言葉があります。これらは響きこそ似ていますが、意味は異なるためきちんと使い分けを行うことが重要です。

プライマリーは基本的に、「初級の」「最初の」などの意味を持ちます。

プライオリティと比較すると、プライマリーは比較頻度が低い傾向にあるといわれています。プライオリティは優先度合いを表すもの、プライマリーは単純に最初のものを表すものという違いがあるため、混同しないよう注意しましょう。

プライオリティの使い方

ビジネスにおいて、具体的にプライオリティはどのような使い方をするのでしょうか。よく使われるシーンや例文について見ていきましょう。

  • プライオリティがある
    プライオリティがあるという言葉は、主にビジネスで特許出願や商標登録などの「優先権」「先取権」を示す際に使われます。

    例文としては、「この商品の販売は自社にプライオリティがある」「プライオリティがあるのはビジネス上の強みだ」などが挙げられます。

  • プライオリティを獲得する
    プライオリティを獲得するという言葉は、主に「優先権」を表す際に使われます。例文としては「交渉のプライオリティを獲得した」「ようやく交渉のプライオリティを得た」などが挙げられます。

  • プライオリティを置く
    プライオリティを置くとは、主に「重要度」「優先度」などを示す言葉です。優先する順番は決定していないものの、先に対処すべきものに対して活動するときなどに使われます。

    例文としては、「時間に余裕がないがこの案件にプライオリティを置く」「カスタマーサービスにはプライオリティを置いて取り組む」などが挙げられます。
  • プライオリティが高め
    プライオリティが高めとは、主に緊急性が高いときに使われます。上司が部下に対して指示するなど、即座に対応すべき業務に対して使われることが多いでしょう。

    例文としては、「この案件はプライオリティ高めで対応してほしい」「プライオリティが高めの業務から順に片付けていく」などが挙げられます。
  • プライオリティが低め
    プライオリティが低めとは、プライオリティが高めとは反対に緊急性が低いことを指して使われます。後回しにしても良いという意味合いで使われることが多いでしょう。

    例文としては、「この仕事はプライオリティ低めなので今対処しなくても良い」「この案件のプライオリティは低めですか」などが挙げられます。
  • トッププライオリティ
    トッププライオリティとは数あるなかで、最も優先順位が高いという意味合いで使われます。

    例文としては、「返品クレームの処理はトッププライオリティで対応する」「工事の過程における足場取り付け業務はトッププライオリティで扱うべきだ」などが挙げられます。
  • ファーストプライオリティ
    ファーストプライオリティとは複数のなかで「最も優先してすべきこと」を意味します。最も緊急性が高く、何よりも早く取り組むべきときに活用される言葉です。

    例文としては、「やりかけの仕事があるが上司からファーストプライオリティの書類作成を任された」「ファーストプライオリティの仕事を後回しにすることはできない」などが挙げられます。

プライオリティと付く言葉について

プライオリティという単語は主にビジネスシーンで多く見聞きしますが、日常生活のなかにも広く浸透しています。プライオリティと付く言葉はたくさんあります。

そのため、職場以外ではあまりプライオリティという言葉を使ったことがない人も、実は日常のさまざまなシーンで目にしている可能性があるのです。具体的にどのようなものがあるのか、プライオリティと付く言葉について見ていきましょう。

  • プライオリティシーティング
    プライオリティシーティングは、主にアミューズメントパーク内の飲食店において使われている言葉です。

    前もってレストランで時間指定をしたうえで来店すると、空席が発生次第優先的に案内してくれるサービスをいいます。簡単にいうと、事前受付サービスのようなものです。混雑が予想されるときなどに便利なサービスといえます。

  • プライオリティパス
    プライオリティパスとは、契約している世界中の空港のラウンジを利用できるサービスを指します。ラウンジを優先的に使えるメリットがあり、普段から飛行機をよく使用する人にとってうれしいサービスといえるでしょう。

  • プライオリティサポート
    TOEIC試験ではプライオリティサポートというものがあります。これは特別な事情・健康上の問題などが認められた場合に、個別配慮が受けられるものです。可能な範囲で希望に沿った受験環境を用意してもらうなどの配慮を受けられます。
  • プライオリティレーン
    プライオリティレーンとは、空港における保安検査場を優先的に利用できるものをいいます。飛行機に乗るときはセキュリティチェックが必要であり、長蛇の列ができていると時間がかかるものです。

    このようなときに、プライオリティレーンを使えるとスムーズに保安検査場を通過でき、非常に重宝するでしょう。なお、プライオリティレーンは空港によってルールが異なる場合があります。

意味を理解してプライオリティを使いこなそう!

プライオリティは主に「優先順位」「優先権」などを意味して使われます。ビジネスシーンにおいて優先順位を決めることは非常に重要です。

プライオリティを決めて仕事を進めることで、業務効率化につなげることができるでしょう。プライオリティが高い、プライオリティを置くなど、使い方はさまざまです。

プライオリティの持つ意味を把握し、ビジネスの場で有効に活用しましょう。

では

専任キャリアアドバイザーが個別キャリアカウンセリングによって
あなたに最適なお仕事をご紹介します。

 

【無料】お申込みはこちらから

転職時期はいつ頃でお考えですか?

サービスについて

マイナビジョブ20'sは、マイナビグループ唯一の20代専門転職サービスです。面接対策・書類添削・求人紹介・適性診断など、充実した体制で皆さまの転職活動をフルサポートいたします。

セミナー案内

一覧を見る

マイナビジョブ20'sでは書類作成のコツや、業界・職種を理解する相談会などの無料イベントを数多く開催しています。東京・名古屋・大阪に拠点を設けているので、お気軽にご参加ください。

20代・第二新卒・既卒向けの転職支援ならマイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、20代・第二新卒・既卒向けの転職エージェントです。
マイナビグループだからできる、良質な求人情報と人材紹介会社ならではのプロのキャリアアドバイザーが、個別キャリアカウンセリングや面接対策であなたに最適なお仕事をご紹介。
求人企業様から依頼を受けている求人も全て「20代の若手社会人」を必要としている求人となります。お気軽にご相談ください。

マイナビジョブ20'sに申し込む