20代の転職を考える|20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's

  • 無料 新規会員登録
  • ログイン
  • マイナビジョブ20'sのサイトを見る
  • 新規お申し込みはこちら

20代の転職を考える

19卒・既卒向けサービス「マイナビジョブ20'sアドバンス」のご案内はこちら

悩みの多い20代。特に生活の中で多くの時間を費やす仕事に関しては、誰もが一度は悩みを抱えたご経験があるのではないでしょうか。このページでは、転職活動を始める前に考えるべきことや、同じ世代の皆がどんな悩みを抱えているのかをご紹介します。

20代だからこそ悩みも多い

20代の若手社会人は、誰もが理想も持っています。自分に合った仕事に夢中になり、恋人や友人達とプライベートを充実させ、結婚や家庭に恵まれながら、一度しかない人生を有意義な時間で満たしたいもの。しかし、その理想とは反対に、若いがゆえに悩みの多い時期ともいえるでしょう。新卒で就職したはいいものの、現実社会の厳しさに翻弄され、恋人や友人達と比較をしてしまい、自分のことで頭がいっぱいになり、これから先、自分はどのような人生を歩んでいくのか不透明なまま時間だけが過ぎていく。この理想と現実に、皆さまも一度はぶつかったことがあるのではないでしょうか?

20代の仕事に関する悩みとは?

20代若手社会人の転職を支援する私たちマイナビジョブ20'sは、数えきれないほどそのような20代の声を聞いてきました。その上で一つ言えること。20代は「むしろそういう時期」なのです。悩んで当たり前、将来を不安に感じて当たり前なのです。特に、生活の大半の時間を費やす"仕事"に関しては、悩まない人の方が少ないでしょう。社会人経験のない状態で就職活動を行い、天職と呼ばれる仕事にめぐりあうこと自体が不思議なものです。

では、働く20代の悩みというものは、どのようなものなのでしょうか? 私たちはよくこんな言葉を耳にします。

20代の仕事に関する悩み

  • 単純に仕事がつらい、おもしろくない
  • 就職した時と仕事(会社)のイメージが違いすぎた
  • 休みがとれず、プライベートの時間がとれない
  • このままだと将来像が描けない
  • 自分にスキル(専門性)がついていないような気がする
  • 会社に将来性を感じなくなってきた
  • 人間関係がうまくいかない
  • 同年代と比べて年収が低い

皆さまはいかがでしょうか?上記の中で、自分も感じたことがある悩みがあるのではないでしょうか?社会には、このような悩みを持つ20代の若手社会人がたくさんいるのです。

ただ、ここで注目したい点があります。ほとんどの20代の若手社会人がこのような悩みを持つ傾向があったとしても、全ての若手社会人が仕事に充実感を持てないわけではありません。中には、着々と自分のスキルを磨き、経験値を高め、きちんと将来設計をしている人もいるのです。 それでは、同じ悩みを持つ人でも、なぜこんなにも違うのでしょうか?その点をきちんと整理し見つめ直すと、少しずつ自分の行くべき方向も見えてくるでしょう。

転職を考えたら第二新卒の立ち位置を知ろう

自分の進むべき方向性が決まり転職することになった場合、第二新卒と呼ばれる皆さんが転職市場でどのように動き、企業からどのように見られているかをあらかじめ知っておきましょう。
転職ビギナーである20代の方がどのように考えれば転職に成功できるかをご紹介していきます。

20代のなかでも転職活動は3つの戦略にわかれる

同じ20代でも前半、半ば、後半で企業に捉えられる印象が大きく違ってきます。それぞれの戦略からかけ離れた転職活動をしてしまうと、うまくいくはずのものも、うまくいかなくなる可能性が高まりますので注意してください。

自分の年齢に合った戦略とその戦略に見合うスキルが身についているかどうかも含めて、一度確認してみましょう。
下記に目安となるスキルと戦略をご紹介していますので参考にしてみてください。もちろん仕事の内容や企業規模によってレベルに到達していない可能性がありますが、一般的に考えるとこの程度のレベルを求められる可能性があることを知っておきましょう。
20代前半の場合 [ レベル ]
社会人マナーが身についており、基本的な仕事の流れを理解している

[ 戦略 ]
企業側がこの年齢の方に業務スキルを求めることは少ないです。アピールするポイントとしては、意欲や仕事に対する姿勢、現職で心がけていて転職先でも活かせそうなことを選ぶのがおすすめです。
20代半ばの場合 [ レベル ]
基本的な仕事の流れを理解し、一通り自分で仕事ができる状態

[ 戦略 ]
仕事の流れを理解して自分で行動できる状態であるため、転職先企業に対してどのような価値が発揮できるのかというポイントや、これまでの仕事で評価されたポイントなどをアピールしていくのがおすすめです。
ポテンシャルもアピールポイントになるため、業界・企業研究をした内容に意欲をプラスして、その企業に対する熱意を伝えることも効果的です。
20代後半の場合 [ レベル ]
仕事を自分で調整することができ、新人を指導することができる。個人の仕事はひと工夫して仕事を完成させられる状態

[ 戦略 ]
入社5年以上経っている20代後半の方は、自分なりに仕事を噛み砕いて行動することができる状態です。どのような工夫を行っているのか、新人へ教育できるスキルなどがアピールポイントとなります。
同業種への転職の場合はそのままスキルを活かして働くことができるため、基本的にはその企業のルールや流れなどを理解すれば、ある程度即戦力として使える人材とみなされます。
もし未経験の業種や職種に挑戦する場合は、「現職で身につけた能力をどのようにその仕事に活かせるのか」というポイントをアピールするようにしましょう。

ここには一般的なレベルをご紹介しましたが、このレベルよりも自分がかなり低い・同期と比べて明らかに自分の能力が劣っているなどの場合は転職をすると年収が下がってしまう可能性も考えられます。転職活動は在職中に行うようにして、焦って転職先を決めないように余裕をもって転職活動を行いましょう。

20代で転職する3つのメリット

20代で転職するメリットとしてどのようなものがあるのか詳しくご紹介していきます。

  • 実績よりポテンシャルを重視してくれる傾向がある
    20代前半~半ば~後半と30代に近づくにつれてその割合は減っていきますが、20代の場合は実績よりもポテンシャルを重視してくれる傾向があります。
    若さ=柔軟性と捉える傾向があるため、「20代であれば、物事を吸収する力も強く、すぐに成長してくれるだろう」という見込みをしている企業も多いのです。逆にいうとそういった柔軟性や意欲をアピールできない場合、転職がうまくいかなくなる可能性も考えられます。
    今転職活動がうまくいっていない人は、このポイントを意識してアピールするだけでも結果が変わってくるはずです。
  • 未経験業種、職種への転職も可能
    ポテンシャル採用と重複する部分もありますが、未経験の業種・職種への転職も20代であれば可能です。20代半ばまでであれば可能性が非常に高く、後半になるにつれて少し厳しさもプラスされてきますが、まだ可能性が高い年代といえます。
    確実に異業種に行きたいと考えている場合は、20代のうちに転職を行うようにしましょう。
  • 大幅な年収アップも可能
    中小企業などで働いていた方が大企業に転職、働いている業界を変えるなどで大幅に年収をアップさせる転職も可能です。
    もちろん30代でも年収アップさせることは可能ですが、20代の場合はポテンシャル分もプラスされるため、年収をアップさせやすい環境にあるといえます。

20代で転職するときの2つの注意点

前述のように20代での転職はメリットだけなのでしょうか。もちろんすべての転職活動が成功するわけではないため、あらかじめ注意点についても理解しておきましょう。

  • ポテンシャル採用だからと簡単に考えすぎない
    「ポテンシャル採用」という言葉を鵜呑みにして、対策が不十分な状態で転職活動を行わないように注意してください。
    「ポテンシャル採用」の傾向があるのは事実ですが、それは年齢相応のスキルときちんとした事前準備をしている人材であることが前提です。楽観的に考えすぎず、自分がこれまで経験してきたことが転職先の仕事にどう活かせるのか、自分の強みは何かなどを明確に伝えられるように準備を行ってください。
  • 異業種、職種への転職は、事前調査を入念に
    異業種や職種への転職はどのような働き方をしているのか、仕事の忙しさ、顧客とのコミュニケーションの取り方、業界内の企業ランキングなどさまざまな情報を調べておくことをおすすめします。
    転職してから「やっぱり前職の業種職種に戻りたい」となった場合、「転職に対する考え方が甘い人・転職に対する準備が不足している人」というレッテルを貼られてしまう可能性が高いです。よく考えて転職先を決定するようにしてみてください。
    20代の場合は特に企業側が「若手の人材を採用したい」と思っているため、熱心に入社をすすめる場合もあります。しかし、10年後あなたが幸せに働いているかどうかはあなたにしかわかりません。重要な決断をするタイミングですので、ぜひよく考えて決断を下すようにしてください。

30代以降の人生も視野に入れて転職活動をしよう

これまでご紹介したいくつかのポイントを通して20代の転職を考えると、20代のうちに転職しようと思った方も多いのではないでしょうか。20代の転職にはたくさんのメリットがありますが、30代以降の仕事人生を大きく変える出来事であることも事実です。
目先のメリットに飛びつくのではなく、自分のやりたいこと・将来設計をしっかり行って、転職すべきかどうか正しい決断を下せるようにご紹介したポイントをぜひ参考にしてみてください。

転職は選択肢の一つ。まずは今の自分に真剣に向き合おう

私たちマイナビジョブ20'sは、これからの社会を担う20代の若手社会人の転職をサポートしています。転職という方法や形だけにとらわれず、自分自身の人生や将来を真剣に考え設計していく積極的な行動を全面的に支援しています。

誰にでも悩みはあり、経験の少ない20代ならなおさらのこと。転職をせず、今いる場所で自分の価値を高めていく、これも重要な選択肢の一つです。転職すれば、全ての道が開けるわけではありません。「今の自分の課題は何か?」「力を注ぐポイントはどこなのか?」「社会での自分の市場価値はどれくらいか?」そこに真剣に向き合うことで、おのずと転職成功の鍵を見つけることができるでしょう。

サービスについて

マイナビジョブ20'sは、マイナビグループ唯一の20代専門転職サービスです。面接対策・書類添削・求人紹介・適性診断など、充実した体制で皆さまの転職活動をフルサポートいたします。

セミナー案内

一覧を見る

マイナビジョブ20'sでは書類作成のコツや、業界・職種を理解する相談会などの無料イベントを数多く開催しています。東京・名古屋・大阪に拠点を設けているので、お気軽にご参加ください。

第二新卒者向け転職支援サービスならマイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、第二新卒者・20代若手向けの転職支援(人材紹介)サービスです。
マイナビグループだからできる、良質な求人情報と人材紹介会社ならではのプロのキャリアアドバイザーが、個別キャリアカウンセリングや面接対策であなたに最適なお仕事をご紹介。
お預かりしている求人も"全て"20代若手社会人・第二新卒を必要としている求人です。
お気軽にご相談ください。

マイナビジョブ20'sに申し込む