• 無料 新規会員登録
  • ログイン

転職の相談は誰にすべき?転職活動で失敗しないためには

働き方や価値観が多様になった現代では、キャリアアップや家庭の事情などを理由に転職する人も珍しくありません。ただ、転職は人生を左右しかねない重要な問題であり、自分一人で判断できないこともあります。誰かに相談したいものの、相談相手が見つからず悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

今回は、転職の失敗を避けるために、悩みなどを相談する相手や相談方法などについて紹介していきます。

転職の悩みは一人で悩んでも解決しない

転職を考えたとき、迷いなく的確な行動を起こせる人はそう多くないでしょう。「転職してもうまくいかなかったらどうしよう」「そもそも自分を採用してくれる会社があるのか」など、転職するかどうかという点から悩む人も少なくありません。また、いざ転職活動を始めてみても、思ったように進まなかったり、途中で事情が変わったりして不安や悩みが生まれてしまうことも多いです。このようなとき、「転職するのは自分なのだから」と一人で頑張ってしまいがちですが、それはおすすめできません。

一人では違った考え方をするのは難しいですし、得られる情報の量・内容などにも限界があります。考えが堂々巡りをしてしまい、不安や悩みを効果的に解決できない場合が多いのです。このため、一人で悩み続けるのではなく、思い切って第三者に相談しましょう。転職はデリケートな問題であるため、第三者に相談するのは抵抗があるかもしれません。しかし、第三者であれば感情や主観を取り除き、客観的な視点でアドバイスすることができます。

たとえば、職場の同僚との関係がこじれ、居づらい環境になったために転職を考えているとしましょう。自分としては、毎日嫌な思いをして仕事も楽しくないので、一刻も早く転職するべきだと考えます。こうなると焦りやストレスから視野が狭まり、なかなか勤めている会社の「人間関係以外の部分」にまで目を向けることができません。

しかし、実は会社は誰もが知るような大企業で給与水準が高く、福利厚生や経営状態も良いとするとどうでしょう。第三者に相談した場合、「安易に転職するのはもったいない。まずは異動願いを出したり、上司や社内の窓口に相談したりしてみては?」と客観的なアドバイスをもらえる可能性が高いです。

その結果、自分が見落としていた部分に改めて目を向けることができ、冷静に判断できるようになるでしょう。悩みや不安を常に冷静に判断していけば、転職活動で失敗するリスクも軽減できます。このように、第三者に相談して新しい考え方を知ることは、転職活動において非常に効果的なのです。

相談をする前に整理すべきこと

転職について第三者に相談する場合、事前に相談したいことを整理しておきましょう。そうすることで、限られた時間内でもスムーズに相談が進み、的確なアドバイスをもらえるようになります。整理しておきたい内容はいくつかありますが、最低限「現在の職場に対する不満」と「キャリアの棚卸」を明確にしておくと良いでしょう。

◆現在の職場に対する不満

そもそもなぜ転職したいのか、理由をハッキリさせておくことは非常に重要です。
自分でも何が不満だったのかわからないまま転職すると、同じような環境の会社に入社し、後悔してしまう恐れがあります。人間関係や給与、通勤にかかる時間や任される仕事内容など、現在の職場で感じている不満を書き出してみましょう。転職を成功させるには、それらの不満を解決できる会社を見つけ、内定を勝ち取る必要があります。

ただし、不満をすべて解決できる理想的な会社が見つかるとは限りません。第三者に相談するときも不満を絞ったほうが効果的なアドバイスをもらいやすいので、書き出した不満には優先度をつけ、妥協できるかどうかも考えておくと良いでしょう。

◆キャリアの棚卸

キャリアの棚卸とは、自分がこれまで経験した仕事や習得したスキルなどをもとに、「自分ができること・やりたいこと」「それを実現するために必要なこと」を考える作業を指します。

キャリアの棚卸をしておくと、自分が転職後にどのように成長したいのか、どのように貢献できるのかを把握しやすくなるでしょう。キャリアに合う転職先を探したり、採用面接で自己アピールしたりするときに役立ちます。

なお、キャリアの棚卸をする際、経験年数や大まかな業務内容を書き出すだけでは不十分です。経験した業務や感じたこと、身についたこと、行動したことなどを、できるだけ具体的にピックアップしましょう。深い部分まで自分を掘り下げることで、転職活動における目標のブレや、会社とのミスマッチなどを防ぐことができます。

転職の相談は誰にする?

現在の職場に感じている不満やキャリアの棚卸などを整理したら、いよいよ第三者へ相談します。

ただし、第三者といっても誰でも良いわけではありません。まず、現在の職場の上司や同僚には、決して相談しないようにしましょう。もっとも身近な存在なので相談しやすく、不満などを共感してもらえる可能性もありますが、やはりリスクが高いです。

従業員が退職すると、生産性の低下や新しい人材確保にかかるコストの増加といったダメージがあるため、会社から強く引き留められるケースも珍しくありません。なかなか退職させてもらえず、転職活動や新しい会社への入社に影響が出る恐れがあるため、上司や同僚には相談しないほうが良いでしょう。

無難なのは、家族や友人

転職の相談相手として無難なのは、家族や友人などが挙げられます。
現在の職場とは関係がないため本音で相談しやすく、損得のない冷静なアドバイスがもらえるでしょう。できるだけ転職活動を経験した人や、自分が転職先として考えている業界・業種で働いている人などに相談するのがおすすめです。

ただし、家族や友人はあくまでも一般人であるため、転職市場の動向や転職ならではの悩みや不安などに詳しいとは限りません。効果的なアドバイスにならない可能性もあるので、十分に注意しておきましょう。

ハローワークの窓口や転職エージェントといった専門機関

転職活動のやり方や転職市場の動向など、より専門性の高いアドバイスをもらいたい場合は、ハローワークの窓口や転職エージェントといった専門機関への相談がベストです。専門機関であれば、市場における新鮮な情報を把握していることに加え、転職支援の実績も豊富にあります。転職者のキャリア分析や、条件に合う会社の洗い出しなどにも長けているため、一人で悩んだり、家族・友人へ相談したりする場合と比べ、スムーズに問題を解決できるでしょう。

転職エージェントは基本的なサービスであれば無料なので、費用面の心配もありません。利用して損はないので、さまざまな転職エージェントを検討してみると良いでしょう。

転職エージェントに相談するメリット

転職エージェントとは、転職希望者と求人を出している会社を引き合わせるサービスのことです。求人情報を掲載するだけの一般的な転職サイトとは違い、キャリアアドバイザーなどと呼ばれる担当者が各転職希望者につき、さまざまな支援を行ってくれます。

転職エージェントには次のようにさまざまなメリットがあるので、転職活動に悩みを抱えているならぜひ利用してみましょう。

  • 最適な求人を紹介してもらえる
    転職エージェントを利用する場合、給与や勤務地など自分が希望する条件や過去の業務経験、アピールポイントなどさまざまな情報を登録します。転職支援のプロである転職エージェントは、求人を出している会社や転職希望者の特性などさまざまな情報を正しく分析し、最適なマッチングをすることができるのです。きちんと希望や自分のキャリアなどを伝えておけば、自分に合った求人を的確に紹介してもらえるため、入社後に「こんなはずではなかった」とミスマッチが起きるリスクも軽減できます。    
  • 一般には公開されていない求人にも応募できる
    求人を出す会社の中には、「求人を出していることを他社に知られたくない」などの理由から、あえて一般には求人を公開していないところもあります。つまり、転職エージェントであれば、一般的な転職サイトを利用しているだけでは出会えない求人が見つかる可能性があるのです。

    自分に合う会社を見つけるためには、当然ながら選択肢が多いほうが良いでしょう。一般に公開されている求人よりも好条件な会社も多く、転職エージェントを利用する大きなメリットといえます。    
  • 面倒な会社側とのやり取りを代行してもらえる
    転職活動はすぐに終わるものではなく、採用されるまでに何十社もの会社とやり取りをすることも珍しくありません。これらをすべて自分で行うのは、非常に手間と時間がかかるものです。現在の職場で働きながら転職活動をする場合、時間と気力がなく、なかなか会社とのやり取りが進まないというケースもあります。

    この点、転職エージェントなら、会社側とのスケジュール調整や条件交渉などをすべて担当者が代行してくれます。自分は希望を伝えて連絡を待つだけで良く、手間がかからないので非常に便利です。    
  • 転職に成功する確率が上がる
    転職活動では、応募した会社に履歴書などを提出し、面接を受けます。履歴書や面接の内容が悪いと内定をもらうのは難しいものの、なかなか魅力的な内容に仕上げられず、悩んでいる人も多いでしょう。転職エージェントの場合、履歴書の書き方や面接の受け答えなど、うまくこなせるように指導してくれるところもあります。その会社ごとの採用のコツなども熟知しているため、事前に指導を受けることで、転職に成功する確率を大きく上げられるのです。    

転職相談は電話でもできる

転職エージェントを利用したいものの、「通える範囲にオフィスがない」「忙しくてオフィスへ行く時間がない」という人もいるでしょう。このような場合は、電話やメール、web面談だけでも利用できるところを選ぶのがおすすめです。

わざわざオフィスへ行く必要がないので、思い立ったときに気軽に利用できます。オフィスへ出入りしている姿を誰かに見られることもないので、転職活動を秘密にしたい人でも安心です。ただし、電話やメールで相談できる転職エージェントの中にも、1度は来社面談が必要とされているところもあるので、事前によく確認しておきましょう。

また、日本各地で転職セミナーや個別相談会を開催している転職エージェントもあります。面談よりも気軽に参加でき、アドバイスがもらえるので非常に有意義です。「マーケティング職に就きたい方」「電気系資格をいかしたい方」など特色ごとに開催されるケースもあるので、興味のあるセミナー・相談会があれば、積極的に参加してみると良いでしょう。

まとめ

転職は、人生を大きく変えるかもしれない重要なイベントです。そのため、「転職するべきなのかどうか」「失敗したらどうしよう」など、悩みや不安からなかなか一歩を踏み出せない人も多いでしょう。しかし、悩んでいるだけでは状況は何も変わりません。自分の気持ちや希望をハッキリさせるためにも、第三者にアドバイスを求めることも考えましょう。

特に、転職支援のプロであり、ノウハウと実績を持つ転職エージェントはおすすめです。豊富な情報をいかして最適な会社を紹介してもらえるだけでなく、面接指導やスケジュール管理なども行ってもらえます。マイナビジョブ20'sを活用してを活用してライバルと差をつけ、理想の会社への転職を成功させましょう。

20代の転職活動の進め方

サービスについて

マイナビジョブ20'sは、マイナビグループ唯一の20代専門転職サービスです。面接対策・書類添削・求人紹介・適性診断など、充実した体制で皆さまの転職活動をフルサポートいたします。

セミナー案内

一覧を見る

マイナビジョブ20'sでは書類作成のコツや、業界・職種を理解する相談会などの無料イベントを数多く開催しています。東京・名古屋・大阪に拠点を設けているので、お気軽にご参加ください。

20代・第二新卒・既卒向けの転職支援ならマイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、20代・第二新卒・既卒向けの転職エージェントです。
マイナビグループだからできる、良質な求人情報と人材紹介会社ならではのプロのキャリアアドバイザーが、個別キャリアカウンセリングや面接対策であなたに最適なお仕事をご紹介。
求人企業様から依頼を受けている求人も全て「20代の若手社会人」を必要としている求人となります。お気軽にご相談ください。

マイナビジョブ20'sに申し込む