• 無料 新規会員登録
  • ログイン

スキルとは?企業で求められるビジネススキルやスキルアップの方法を解説

就職・転職活動などで見る機会が多いのは「スキル」という単語です。 ただ、スキルの意味についてきちんと理解できていないという人も多いのではないでしょうか。 社会で活躍するためには、ビジネスシーンで用いられるスキルについてきちんと知っておくことが大切です。 そこで、この記事ではスキルの意味やスキルアップの方法について紹介します。

そもそもスキルとは?

スキルとは

スキルとは、簡単にいうと訓練や学習によって獲得した技能のことをいいます。 つまり、自ら努力して技術を磨き、その技を熟練させたものというイメージです。

スキルは一般的に広く使われている単語であり、特にビジネスシーンで多く用いられます。 一般的に、ビジネスをスムーズに遂行するためのスキルを「ビジネススキル」と呼びます。

◆ビジネススキルを身に付けるメリット

ビジネススキルを身に付けることによって仕事が円滑に進む、その技術を使って企業に貢献できるといったメリットがあります。

知識や能力とはどう違うのか

スキルについて知識を深めていくと、「知識や能力とはどう違うのだろうか」と疑問を持つ人も少なくありません。 スキルは知識・能力とどのような違いがあるのかを詳しく見ていきましょう。

知識との違い

知識とは、簡単にいうと専門分野における「知っていること」を指す言葉です。 一方、スキルは専門分野における「できること」を指します。 たとえば、パソコンを使いたいと考えている人がいるとします。このとき、パソコンの説明書を読み仕様を理解するのは、「知識」を得ることにつながります。

しかし、説明書を読んだだけでパソコンを完璧に使えるとはいえません。実際にパソコンに触れて徐々に使いこなせるようになるのが「スキル」なのです。 つまり、知識とは勉強して頭で覚えるもの、スキルは自ら体で習得するものといえるでしょう。

能力との違い

能力とは、その人自身が生まれつき持っている「才能や力」を指す言葉です。 一方、スキルは経験を積むことで習得した技能を指します。 たとえば、スポーツ選手でいうと生まれ持つ足の速さや力の強さなどは能力に該当するでしょう。

その能力をさらに練習などで磨き上げ、経験を積むとスキルとして技能が身に付きます。 つまり、能力はパラメータ、スキルはノウハウというイメージです。

就職・転職などのシーンで求められるビジネススキルについて

スキルといっても、シーンごとに求められるものは異なります。 就職や転職などのシーンで求められる「ビジネススキル」とは、一体どのようなものなのでしょうか。 一般的なビジネススキルには、以下のようなものがあります。

◆語学スキル

就職・転職活動において企業が求めることも多いのが「語学スキル」です。 語学スキルとは、簡単にいうと外国語を使いこなす技能を指します。 ビジネスではグローバル化が進んでおり、語学スキルが堪能な人材を求める企業も増えています。

主に、外国語を「話す」「聞く」「読む」「書く」などのスキルを求められるケースが一般的です。 語学スキルを身に付けることで、外資系企業に勤めるチャンスを高められます。 また、語学スキルを生かしてより幅広い業務に挑戦できるなど、キャリアアップにもつなげられます。 将来的にグローバルな活躍を望む人は、語学スキルを磨いておくと良いでしょう。

◆コミュニケーションスキル

主に相手の気持ちをくみ取り、意思疎通を図るスキルのことです。 企業で働くとなると、必然的に多くの人と接することになります。 コミュニケーションスキルは上司・同僚・取引先相手などとスムーズに交流し、 良い人間関係を築くために欠かせないスキルなのです。

たとえば、上司にわかりやすく仕事の進捗を報告したり、連絡事項を伝えたりすることもコミュニケーションスキルに含まれます。 また、チームで協力してうまくプロジェクトを進めるためにも、このコミュニケーションスキルが不可欠です。 そのほかにも、顧客とうまく交渉するためのスキルも該当します。 このように、コミュニケーションスキルは人と接する機会の多い営業職やサービス業をはじめ、すべてのビジネスパーソンが身に付けておきたいスキルといえます。

◆ITスキル

主に「情報技術」のスキルを指します。 一般的には、パソコンやスマートフォンなどの通信機器を操作するスキルを指すことが多いでしょう。 企業によって求めるITスキルは大きく異なります。 プログラミングの技能を求める場合もあれば、WEBデザインの技能を求める場合もあるでしょう。

なお、個人のITスキルを測るためのものさしとして、「ITSS」というものがあります。 これは経済産業省が策定・発表したもので、IT関連業務従事者のスキルとその水準を測る指標となるものです。 IT系業界への就職・転職を考えている場合は、ITSSで自身のスキルを整理してみるのも良いでしょう。

◆マネジメントスキル

人・モノ・時間といったものを「管理する」スキルを指します。 マネジメントスキルは企業内における自身の立場によって、管理する対象や求められるスキルが変わってきます。 たとえば、経営者や管理職の場合は事業のすべてがマネジメントの対象です。

管理職であれば部下やチーム、個人であれば業務や時間などがマネジメント対象となります。 マネジメントはタスクを管理・最適化し、利益を生み出すためのスキルといえるでしょう。

◆問題解決スキル

自身の目の前にある「課題や問題を解決する」ためのスキルのことです。 仕事をするにあたり、何らかの課題や問題は必ず発生するものです。 このようなときに目の前の問題から目をそむけず、本質を捉えて論理的に考え、行動に移せる技能を指します。 問題解決スキルが高い人材は対応力があり、職場内での評価も得やすい傾向にあります。

スキルアップするための方法とポイント

より社会で活躍するために「スキルアップしたい」と思うものの、具体的にどうしたら良いのかわからないという人もいるでしょう。 スキルアップするための具体的な方法には、以下のようなものがあります。

◆スキルの高い人から吸収する

効率的にスキルアップを目指すのなら「人の真似をする」ことも一案です。 職場内でバリバリと働いている、上司や同僚などをよく観察してみましょう。 会社で活躍している人は、自分にはないスキルを持っていることがあります。

たとえば、営業職であれば交渉力やプレゼン資料のデザイン・文章などをチェックしてみると良いでしょう。 実際に自身の身近な「お手本」を真似することで、良い部分を吸収して効果的にスキルアップを目指せます。

また、スキルの高い人に直接相談してみるのも良いでしょう。 どのような経験を経てスキルアップしたのか、具体的なステップを知ることができます。 社内研修がある場合も同様です。 積極的に参加して情報を見聞きし、良い部分をどんどん吸収しましょう。

◆資格取得を目指す

スキルアップするために「資格を取得する」人も多くいます。 資格といっても国家資格から民間資格まで、その種類はさまざまです。 現在の業務で生かせる資格はもちろん、仕事の幅を広げるために資格取得をする手もあります。 履歴書に記載できる資格を取得しておくと、キャリアアップを目指した転職の際にアピールポイントとなります。

◆スクールに通う

ビジネススキルが学べる「スクールに通う」という方法もあります。 スクールではカリキュラムが組まれているため、効率的にビジネススキルを磨くことができるでしょう。 また、スクールに通うことで同じ目標を持つ人との出会いも期待できます。 スキルアップを目指す仲間として、お互いを高め合っていけます。

◆セミナー・勉強会に参加する

「セミナーや勉強会に参加する」選択肢もあります。 セミナー・勉強会にはさまざまなテーマのものがあるため、興味のある分野や開催場所などから絞り込むと良いでしょう。

また、セミナーや勉強会は無料で開催されているものもあります。参加者同士で情報交換をしたり、交流を楽しんだりするのも良いでしょう。 なかなかセミナーや勉強会に行く時間がないという場合は、オンラインセミナーを活用する手もあります。 仕事終わりや休日など、空いた時間に自宅から参加できるので便利です。

スキルアップのためには環境を変えることも効果的!

スキルアップするためには、環境を変えてみることも効果的です。たとえば、「転職する」「副業に挑戦する」などの方法があります。

◆転職する

在籍している企業で一定のスキルが身に付いた、また現状以上のスキルアップは見込めないという場合は「転職する」ことも選択肢の1つです。 同じ企業に勤めていると、どうしても刺激が減り新たな知識やスキルを得ることは難しくなります。

転職して大きく環境を変えてみることで、自身のスキルアップにつなげられます。 新しいスキルを身に付けたい、異なる業種や職種に挑戦してみたい、という場合は転職活動を試してみるのも良いでしょう。

◆副業に挑戦する

企業が禁止していなければ、「副業に挑戦してみる」という手もあります。 副業を始めることで転職をしなくとも、現状の仕事を続けながら新しい技能を身に付けられるのです。 たとえば、ネットショップの副業を始める場合はホームページの作成や商品の仕入れ、顧客対応などさまざまな知識と経験を得られます。 新しい仕事にチャレンジしてみることで視野が広がり、自身のさらなるスキルアップにつなげられるでしょう。

自分に合う方法でスキルアップを目指そう!

ビジネススキルは働くうえで非常に重要なものです。 スキルアップのためには、企業で求められるスキルの種類や概要を知る必要があります。 また、スキルアップの方法もさまざまです。

スキルの高い人から吸収する、スクールに通うなど、自身に合う方法を見つけることがスキルアップの近道となります。 また、スキルを高めるために転職や副業をしてみることも一案です。 スキルアップをして、頼られるビジネスパーソンを目指しましょう。

20代の転職活動の進め方

サービスについて

マイナビジョブ20'sは、マイナビグループ唯一の20代専門転職サービスです。面接対策・書類添削・求人紹介・適性診断など、充実した体制で皆さまの転職活動をフルサポートいたします。

セミナー案内

一覧を見る

マイナビジョブ20'sでは書類作成のコツや、業界・職種を理解する相談会などの無料イベントを数多く開催しています。東京・名古屋・大阪に拠点を設けているので、お気軽にご参加ください。

20代・第二新卒・既卒向けの転職支援ならマイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、20代・第二新卒・既卒向けの転職エージェントです。
マイナビグループだからできる、良質な求人情報と人材紹介会社ならではのプロのキャリアアドバイザーが、個別キャリアカウンセリングや面接対策であなたに最適なお仕事をご紹介。
求人企業様から依頼を受けている求人も全て「20代の若手社会人」を必要としている求人となります。お気軽にご相談ください。

マイナビジョブ20'sに申し込む