転職Q&A

CADオペレーターの仕事とは?

コンピューターを用いて設計や製図を行う仕事です。

■CADオペレーターとは

CAD(キャド)とは、Computer Aided Designの略称であり、一般にパソコン上における製図を支援するツールを指します。そしてCADオペレーターは、このCADを用いてパソコン上に図面を作成していきます。

製図の仕事はあらゆる分野で発生します。そのためCADオペレーターは、建築・土木・家電・自動車・インテリア・ファッション・半導体・ロボット設計など、様々なモノづくり現場において活躍しています。

最初の設計自体は設計者やデザイナーが行い、CADオペレーターは設計者・デザイナーが作成した図面をパソコン上に作成していきます。そして、図面を調整・修正していくのが主な仕事になります。

■なぜCADを使うのか

CADシステムを利用することにより、二次元・三次元での設計・製図が可能となり、製造する製品の情報を一括管理することができるようになります。製品の完成図を視覚的に提示することができることに加えて、製品の加工手順や加工法など様々な形で情報を出力することができるため、各工程における進行効率化に役立ちます。

設計内容を変更する場合も、コンピューター上で図面を書き換えていくことができるので、一から図面を作成する必要がありません。そのため、紙面上で製図を行う場合に比べて、複製・修正が容易になります。

■CADオペレーターに求められるスキル

CADを用いて業務を行うCADオペレーターにおいては、当然CADソフトを使うスキルが求められます。CADを学ぶにはスクールに通うという方法もありますが、もちろん独学でも構いません。CAD関連の資格としては、「CAD利用技術者試験」という試験がありますので、そちらの取得を目指してもいいでしょう。

また、CADには様々なソフトが存在します。汎用CADとしては、AutoCADやJW_CADがよく利用されており、多くの現場で使用されます。ただし、現場によってはジャンルに特化したCADソフトが使用されることもあります。もちろん、共通する点は多いので、いずれかのCADソフトを使うことができれば他のソフトにも対応することができると思います。

あらゆる現場において求められるため、CADのスキルを持っていれば、CADオペレーターとして幅広い業界への挑戦が可能となります。さらに、設計・デザインの知識を深めていくことで、なおのこと仕事の幅を広げることも可能でしょう。

CADオペレーターの仕事を検索する