転職Q&A

CADオペレーターの仕事とは?

コンピューターを用いて設計や製図を行う仕事です。

CADオペレーターとは、コンピューターを用いて設計や製図を行う仕事です。そもそもCAD(キャド)とは、Computer Aided Designの略称であり、一般にパソコン上における設計・製図を支援するツールを指します。

CADシステムを利用することにより、二次元・三次元での設計・製図が可能であり、製造する製品の情報を一括管理することができるようになります。製品の完成図を視覚的に提示することができることに加えて、製品の加工手順や加工法など様々な形で情報を出力することができるため、各工程における進行効率化に役立ちます。また、コンピューター上で設計・製図を行うため、紙面上で行う場合に比べて、複製・修正が容易にもなります。

CADは機械・建築・土木・電気など、あらあらゆるモノづくり現場において用いられるため、CADオペレーターが活躍する場は多いです。

独学でCADを学ぶこともできますが、CADオペレーターになりたいなら、「CAD利用技術者試験」という試験で資格取得を目指してもいいでしょう。

CADオペレーターの仕事を検索する