20代・第二新卒向け転職支援サイト/転職Q&A 設備管理の仕事とは?

  • 無料 新規会員登録
  • ログイン

職種研究

設備管理の仕事とは?

施設の設備を維持管理する仕事です。

設備管理とは

設備管理の仕事は、ビル・学校・病院等の施設において使用されている設備の維持管理をする業務です。施設によって維持管理する設備は様々であるため、設備管理の仕事は大変細かく分けられます。維持管理する設備の例は以下となります。

  • 電力設備(ex.電力計・電圧計・電流計の監視)
  • 空調設備(ex.冷暖房機の管理)
  • 給排水設備(ex.貯水槽・ポンプの管理点検)
  • 機械設備(ex.エレベーター・自動ドアの管理点検)
  • 防災設備管理
  • 環境衛生管理 など

設備管理の仕事内容

設備管理の仕事は扱う設備によっても異なりますが、具体的には以下のような業務内容が挙げられます。

  • 設備の点検
  • 劣化診断
  • メンテナンス
  • 清掃
  • 部品交換
  • 動作監視
  • 修繕計画
  • コスト削減
  • 巡回 など

設備の故障は事故へと繋がり、施設利用者に危険が生じる可能性があります。設備管理の仕事は、各設備が問題なく動作し、施設を快適に利用できる状態を保つ役割を持ちます。また、設備に不具合が発生した際には、原因の調査を行い解決へと導くのも設備点検の仕事です。つまり、施設を安全・安心に利用できるのも、裏側で設備管理の方々が活躍しているからなのです。

また、設備管理の仕事は企業の収益にも間接的に関係します。設備が故障すると修繕・交換の必要が生じ、少なくないコストが負担としてのしかかります。その点、設備の保全を行うことにより劣化を防止し稼働率・稼動期間を向上させることは、修繕コストの削減にも繋がるのです。

設備管理に必要なスキル

設備管理の仕事においては、管理する設備に関する知識・技術が必要です。

また、仕事内容によって資格取得が必須な場合もあります。仕事内容によって必要な資格は異なるので、自身が目指す仕事に応じて以下のような資格取得を検討してもいいでしょう。なお、実務経験が必要な資格もあります。

  • ビル設備管理技能士
  • 電気主任技術者・電気工事士
  • 建築物環境衛生管理技術者
  • 冷凍機械責任者
  • 乙種消防設備士
  • 消防設備点検資格者
  • ボイラー技士
  • 危険物取扱者 など

設備管理に関連する資格は非常に多いので、全てを取得するというよりは、自分のやりたい仕事や資格取得の難易度なども考慮するといいでしょう。

多くの方が毎日利用するような施設においては、各設備を定期的に点検・検査・補修しなければ事故・故障につながってしまい、施設利用者の安全を担保できません。そのため、24時間の監視体制で対応を行っている施設もあります。

設備管理の仕事を検索する

サービスについて

マイナビジョブ20'sは、マイナビグループ唯一の20代専門転職サービスです。面接対策・書類添削・求人紹介・適性診断など、充実した体制で皆さまの転職活動をフルサポートいたします。

セミナー案内

一覧を見る

マイナビジョブ20'sでは書類作成のコツや、業界・職種を理解する相談会などの無料イベントを数多く開催しています。東京・名古屋・大阪・京都に拠点を設けているので、お気軽にご参加ください。

第二新卒者向け転職支援サービスならマイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、第二新卒者・20代若手向けの転職支援(人材紹介)サービスです。
マイナビグループだからできる、良質な求人情報と人材紹介会社ならではのプロのキャリアアドバイザーが、個別キャリアカウンセリングや面接対策であなたに最適なお仕事をご紹介。
お預かりしている求人も"全て"20代若手社会人・第二新卒を必要としている求人です。
お気軽にご相談ください。

マイナビジョブ20'sに申し込む