転職Q&A

総務の仕事とは?

企業全体に関わる事務を処理する仕事です。

■総務とは?

総務は、企業全体に関わる事務を処理する仕事です。

特定の部署に振り分けることができないような仕事を総務に集約させることが多いため、その業務内容は多岐に渡ります。業務範囲が非常に広い総務ですが、仕事の具体例としては以下のような内容が挙げられます。

  • 来客対応・電話対応
  • 備品の購入・管理
  • オフィスの管理
  • 福利厚生制度の整備
  • 社内イベントの企画・運営
  • 防災防犯対策
  • 安全衛生管理
  • 社員の入社・退社に関する手続き
  • 社内資料の作成・管理
  • 労務管理
  • 給与計算・経費精算
  • 社内制度の企画・運営 など

上記はあくまで一例であり、企業によって総務の業務内容は大きく異なります。例えば、大企業では人事・経理・法務部門をそれぞれ独立して設けている場合が多いですが、中小規模の企業では各部門を独立して設けずに総務が兼任していることは少なくありません。

そのため、総務のお仕事を探す際には、求人情報で仕事内容を確認することが大事です。応募してから、想像していた業務内容と違った、なんていうこともあり得ます。

グループ企業においては、グループ全体の総務業務を集約してシェアードサービスとしているケースも少なくありません。

■総務に求められるスキルとは?

総務の仕事では企業全体の事務を処理することになるため、社内の各部署から多くの問い合わせが集まります。会社生活のあらゆる業務に総務が関わっているので、「問い合わせ先が分からなければひとまず総務に聞いてみる」と考えている従業員が多いからです。このように他部署とのやり取りが多くなるので、円滑なコミュニケーションが求められます。もちろん、多種多様な業務に対応できる柔軟性も必要でしょう。

また、来客・受付対応を行うこともありますので、他者に好印象を与えるような気遣い・ビジネスマナーを身につけていることも重要です。

幅広い業務を行うことになり、特定スキルの専門性を深めるというわけではないため、総務の仕事で資格を求められることは少なく、未経験でも応募できる場合が比較的多いと言えるでしょう。ただし、人事・経理・法務を兼任するような募集の場合は、兼任業務の実務経験を求められることもあります。

企業の活動を円滑に進めるためのサポートをする縁の下の力持ち的な役割を持つ総務ですが、社員が働きやすい環境を整えるための大切な仕事です。成果が目に見えにくい部分もありますが、総務の存在によって、他の社員はストレスなく業務を行うことができるのです。

総務の仕事を検索する