転職Q&A

施工管理とはどんな仕事?

工事現場における施工の全体管理を行う仕事です。

施工管理とは、電気工事・土木工事・管工事等の工事現場において、施工の全体管理を行う仕事です。

具体的な業務は多岐にわたり、施工計画の策定・原価の管理・安全管理・品質管理・工程管理・スタッフの手配等、工事が計画通りに進むよう全体を俯瞰して管理する必要があります。

なお、現場監督も工事を管理する仕事ですが、現場監督の場合は現場における陣頭指揮が主となります。現場の管理が中心となる点で、工事全体を管理する施工管理の仕事とは区別されます。もちろん、実際の現場では両者を兼ねることがありますので、あくまで言葉上の定義の違いです。

施工管理の仕事に関係して「施工管理技士」という国家資格も存在します。専門分野ごとに、建設機械・土木・建築・電気工事・管工事・造園と6種類の「施工管理技士」資格が存在し、それぞれは1級・2級の区分があります。

施工管理の仕事を検索する