転職Q&A

施工管理とはどんな仕事?

工事現場における施工の全体管理を行う仕事です。

■施工管理とは

施工管理とは、電気工事・土木工事・管工事等の工事現場において、施工の全体管理を行う仕事です。

■施工管理の仕事内容

具体的な業務は多岐にわたり、施工計画の策定・原価の管理・安全管理・品質管理・工程管理・スタッフの手配等、工事が計画通りに進むよう全体を俯瞰して管理する必要があります。

なお、現場監督も工事を管理する仕事ですが、現場監督の場合は現場における陣頭指揮が主となります。現場の管理が中心となる点で、工事全体を管理する施工管理の仕事とは区別されます。全体を管理する施工管理の仕事では現場指揮以外にも、業者との打ちあわせやデスクワークも行うことになります。もちろん、実際の建設工事においては、施工管理が現場監督を兼ねていることが多く、あくまで言葉上の定義の違いとなります。

様々な人が関わり、複雑な工程を経る建設工事では、全体をまとめる施工管理の役割が非常に重要です。管理が上手くいかないと、スケジュールが伸びたり予算をオーバーすることに繋がります。危険の多い現場で、安全に工事を進めていくのも施工管理の役割であり、責任感も求められます。

■施工管理に必要なスキル

建設工事には様々な電気・配管・左官・塗装など様々な分野が関わります。そのため、各業者とのやり取りを行うためにも、専門知識を身につけていく必要があります。現場のスタッフを指揮していく立場であるため、リーダーシップはもちろん、円滑にコミュニケーションを進めていく能力も重要です。

また、建設工事全体の流れを把握して現場で指揮を行うことは、実経験なくして身につけられるものではありません。そういう意味では経験を深めていくことが重要となるでしょう。

施工管理の仕事に関係して「施工管理技士」という国家資格も存在します。専門分野ごとに、建設機械・土木・建築・電気工事・管工事・造園と6種類の「施工管理技士」資格が存在し、それぞれに1級・2級の区分があります。1級・2級によって違いはありますが、資格を持つことにより、法律で工事現場に置かなければいけないと定められている専任技術者・主任技術者・管理技術者になることが認められ、仕事の幅を広げることができます。施工管理の仕事をする上で資格の取得は必須ではありませんが、管理技術者等になれる人材を企業も求めるため、施工管理の仕事でキャリアアップをしていきたいのであれば、取得していくことを考えておくべきでしょう。

施工管理の仕事を検索する