転職Q&A

セールスエンジニアの仕事とは?

営業職・技術職の両要素を持つ仕事です。

■セールスエンジニアとは?

セールスエンジニアとは、Sales(営業)・Engineer(技術者)という言葉の通り、営業職と技術職の両要素を持つ職種を指します。営業担当と共に顧客先へ向かい、販売する製品の紹介・提案を行ったり、導入時・導入後のサポートまで行うこともあります。

■セールスエンジニアの仕事内容

技術的専門性が高いような製品を販売する場合、その価値を顧客へ正しく理解させることは難しくなります。価値を理解できなければ、製品を購入すべきか否かの判断をつけることができません。

そこで、販売製品に対する専門知識を有するセールスエンジニアの出番となります。セールスエンジニアは営業担当と共に顧客先へ向かい、販売製品を顧客先においてどのように活用することができるか、顧客先において導入の必要性があるのか、といった説明を専門家の立場から行います。専門的知識を持っている顧客と同等にやり取りを行う能力、逆に専門的知識を持っていない顧客に対しても分かりやすく製品について説明する能力の両方が必要となります。製品に関する知識を持っていることが前提であり、提案力も求められます。また、サンプルプログラムを作成して、顧客に対してデモ実演を行う機会もあります。さらに、製品の販売を行った後でも、製品の使用方法に関する勉強会やトラブル問い合わせに関するサポートをセールスエンジニアが行うことがあります。

いずれにせよ専門的な立場からのサポートという部分に重きが置かれていることが、一般的な営業職とセールスエンジニアの大きな違いです。

■セールスエンジニアに求められるスキル

電子機器・ソフトウェア・機械製品を扱う企業で活躍することの多いセールスエンジニアですが、専門的な知識が求められるため、技術職のバックグラウンドを全く持っていない者がセールスエンジニアになることは少ないでしょう。そのため、一般的な営業職がセールスエンジニアに転身するケースよりも、技術職出身者がセールスエンジニアになるというケースの方が一般的です。

また、技術職としての専門性が求められる一方で、営業職としての交渉力・ビジネス感覚も必要とされるのがセールスエンジニアの特徴です。専門性の高い製品となると、販売後も顧客からの問い合わせがあり、関係性を継続していく必要がある。技術職・営業職両方の要素を併せ持つセールスエンジニアは、顧客-営業-開発現場の橋渡しを行う重要な役割を担うのです。

セールスエンジニアの仕事を検索する