20代・第二新卒向け転職支援サイト/転職Q&A 転職活動を行う上で資格を取得した方がいいでしょうか?

  • 無料 新規会員登録
  • ログイン

転職の疑問

転職活動を行う上で資格を取得した方がいいでしょうか?

資格取得はアピール材料になりえますが、必須ではありません。

資格取得の有無だけで選考結果が決まることは稀です。

転職活動を行う際にほぼ必ず作成することになる履歴書には、資格の有無を記載する箇所があります。何も資格を取得していないと、この箇所が空白となり、転職活動において不利になってしまうのではないか、という懸念を抱く方も中にはいらっしゃるでしょう。

結論から言うと、資格取得の有無のみで選考の結果が決まるということは稀です。

もちろん、専門性の高い職種で、業務を行うために資格取得が必須と法律で定められている場合は別です。このような職種に就くためには資格を取得していなければいけません。その他、英語を使う仕事において一定以上のTOEICスコアを求めるようなケースもあります。

しかし、上記のような場合を除いて、資格取得の有無だけで求職者の合否を判断するケースはほぼありません。なぜなら、資格を取得していることは、ある特定の分野において一定以上の知識を持っていることを示すことになるものの、それだけで実務能力等を評価することができないからです。企業の採用担当者はあらゆる材料から総合的に求職者を採用すべきか否かを決定するのであり、資格取得の有無だけで合否を判断すること自体が困難なのです。

資格取得はアピールになるか?

資格取得の有無だけで選考結果が決まることは稀ですが、それでは資格を取得する意味はないのでしょうか。

もちろん、資格取得は選考においてアピール材料となり得ます。書類上でしかアピールを行えない書類選考では、アピール材料が多いにこしたことはなく、資格取得について記載できるのは強みになるでしょう。志望する企業で必要とされる資格であれば、なおのことでしょう。面接でも、資格取得に関する話を広げることができるのは強みになります。

また、資格を取得しようとする学習意欲によって、今後の成長性を期待される可能性もあります。特に第二新卒の転職において、採用担当者は転職希望者のポテンシャルを計るので、成長性をアピールできることは一つの武器になります。

まとめ

採用担当が選考の際に確認するのは、転職希望者の実務能力です。資格を取得していることは、その分野において一定の知識を有していることのアピールにはなりますが、それよりも重視されるのはその資格を実務の面において活用することができているかどうかです。過去の実績から実務能力をアピールできるのであれば、資格を取得していなくとも十分に評価されます。

そのため、資格取得については、あくまで選考においてアピールすることができる一つの材料という程度に考えておくといいでしょう。必要性を感じれば取得を検討するのも一つの手ですが、転職活動において必須ではありません。

サービスについて

マイナビジョブ20'sは、マイナビグループ唯一の20代専門転職サービスです。面接対策・書類添削・求人紹介・適性診断など、充実した体制で皆さまの転職活動をフルサポートいたします。

セミナー案内

一覧を見る

マイナビジョブ20'sでは書類作成のコツや、業界・職種を理解する相談会などの無料イベントを数多く開催しています。東京・名古屋・大阪に拠点を設けているので、お気軽にご参加ください。

第二新卒者向け転職支援サービスならマイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、第二新卒者・20代若手向けの転職支援(人材紹介)サービスです。
マイナビグループだからできる、良質な求人情報と人材紹介会社ならではのプロのキャリアアドバイザーが、個別キャリアカウンセリングや面接対策であなたに最適なお仕事をご紹介。
お預かりしている求人も"全て"20代若手社会人・第二新卒を必要としている求人です。
お気軽にご相談ください。

マイナビジョブ20'sに申し込む