転職Q&A

転職活動を行う上で資格を取得した方がいいでしょうか?

資格取得はアピール材料になりえますが、必須ではありません。

転職活動を行う際にほぼ必ず作成することになる履歴書には、資格の有無を記載する箇所があります。何も資格を取得していないと、この箇所が空白となり、転職活動において不利になってしまうのではないか、という懸念を抱く方も中にはいらっしゃるでしょう。

確かに、何かしらの資格を取得していれば、採用担当が履歴書を目を通す際のアピールになる可能性があります。志望業界にて必要とされる資格であれば、なおのことでしょう。面接においても、資格取得に関する話を広げることができるのは強みになります。

また、資格を取得しようとする学習意欲によって、今後の成長性を期待される可能性もあります。特に第二新卒の転職において、採用担当者は転職希望者のポテンシャルを計るので、成長性をアピールできることは一つの武器になります。

ただ、資格取得の有無のみで選考の結果が決まるということはほぼないと言っていいでしょう。

採用担当が選考の際に確認するのは、転職希望者の実務能力です。資格を取得していることは、その分野において一定の知識を有していることのアピールにはなりますが、それよりも重視されるのはその資格を実務の面において活用することができているかどうかです。過去の実績から実務能力をアピールできるのであれば、資格を取得していなくとも十分に評価されます。

そのため、資格取得については、あくまで選考においてアピールすることができる一つの材料という程度に考えておくといいでしょう。必要性を感じれば取得を検討するのも一つの手ですが、転職活動において必須ではありません。